おはようございます。制作3年の川田です。
本日から小屋入りです!本番前の追い込み期間といったところでしょうか。

最近は雨は降らないにしても気温が上がったり下がったりで体温調節が難しいですね…日中は20℃を超えてるのに夜は肌寒くなったりして。
皆さんもこの寒暖差で体調を崩すことのないよう、気をつけてくださいね!

さて、キャストインタビュー2人目ですね。お相手はこの人です。


(何を食べているのやら…)


※インタビュアー:杉田 順

最初に自己紹介からお願いします。

ー法学部法律学科2年、栗田由佳です!活劇工房座長です!!


では今回の役柄について教えてください!

ー法学部の1女です!つい最近の私ですね!でもあまり法学部っぽくないですね…文学部っぽいかも。

僕も文学部か情コミかなーって思ってました。

ーあ、情コミ!それですね、情コミっぽいです。
あと、自分の好きなものに対する熱が凄まじくて、凄い憧れますね。そこまで真っすぐになれるんだ、みたいな?
誰にも相手にされなくても、私はこれが好き!って突き進んで行けるところがカッコいいなっておもいます!

なるほど…栗田はどうなの?

ー私はこっちって言ったらこっちについて行っちゃうような人間だから…意志が弱いですね(笑)



次は劇の見どころについてどうぞ。

ー見どころ!衣裳ですかね。女の子の衣裳とかキャラに合ってるなーって思います。私はちょっとツラい部分もありますけど…(笑)
あと、私は照明チーフも兼ねてるので、照明を見てほしいです!頑張るので!!


ツラい部分を本番の楽しみにしつつ、次の質問に参りましょう!この公演独自の質問です。
誰かのせいにしたいことはありますか?

ー今、私はとってもお腹が空いているんですよ。録音に入るんじゃないかってくらいお腹鳴ってるんですよ。

はぁ。

ーこれはお母さんのせいだと思うんですよ。

ほぅ。

ーお母さんが美味しい料理を作ってくれるじゃないですか。たくさん食べるじゃないですか。胃が広がるじゃないですか。ちょっとの量じゃ満足できないようになるんです!すぐお腹が空いちゃうんです!!

…僕はマイナス方面な話も聞きたいんだけどなーー。

ーえ、じゃあもう一つ。憎しみ深めのやつを…。
私が1限に間に合わないのはね、家が遠いせいだとおもうんですよ!1限って9時からじゃないですか。そうなると私は6時くらいに起きないといけないんですよ。仮に明大前を21時に出たとすると、家につくのは早くても22時半。そこからお風呂に入ったりしてると0時とかになってて…。
でも家が近い人って、この片道1時間半がもっと短いじゃないですか!もっと寝られるじゃないですか!だから睡眠時間が少なくなって1限に間に合わないのは、私のせいではないと思います!!

大変だねぇ…

ーでも家には可愛い妹がいるんです!私は妹に会うために1時間半かけて家に帰っていると言っても過言ではありません!!


妹への愛が深い(笑)
では、最後に一言どうぞ!

ー私たちの代は初めての春公演です。役者やチーフなどを兼任して責任の重さを感じまくってますが、その中で精一杯楽しんでいけたらいいなと思います。
楽しませる前に自分たちも楽しめるように、頑張ります!いぇい!!


栗田由佳さんでした!我らが座長!!
今回の公演ではキャストをやりながら照明のチーフをやったりフライヤーを描いたりと多忙を極めております。
舞台のどこを見ても彼女の頑張りが感じられますよ!

木曜の売り止め以外にも徐々に席が埋まりつつあります。ご予約はお早めに!
https://ticket.corich.jp/apply/81840/(団体扱い)

ではでは、また明日。
どうもです。制作部3年の川田です。3連続での登場です。いやね、僕ばっかりで申し訳ない限りです(´・ω・`)
次は2年生の予感…!

実は今日、照明搬入がありました!
舞台に照明が吊られ、明かりが作られると、いつもの見慣れた稽古場がどこか別世界のように感じられるんですよね…この瞬間は毎回楽しみです!
いやー照明さんってすごいですね。


さて、キャストインタビューも3人目ですね!
今回のお相手はこちら。


(右の紫が似合うお姉さん)


※インタビュアー 杉田 順


じゃ、自己紹介お願いします。

ー3年生、法学部法律学科、藤瀬夕美でーす。


よろしくお願いします。
まず、今回の役柄について!ネタバレにならない程度にね。

―頭が悪いです!(笑)おバカで明るい性格ですね。


なんだか身近にいっぱいいるような…(笑)
次は劇の見どころをお願いします。

―見どころ…どこだと思う?

僕はありすぎて挙げられないですね!(笑)

―えー…じゃあ舞台美術で!内容も見どころだけどね。

優秀な舞台美術班の人たちが頑張りましたからね!

―やめろやめろやめろ(笑)(←舞台美術班の藤瀬さん)
いやね、チーフが優秀だったからね!



では次は今回のタイトルにちなんだ公演独自の質問です!
誰かのせいにしたいことはありますか?

―身の回りのものが無くなってしまうことかな!せっかく買ったと思ったらすぐにどっか行っちゃうんだよねー。

あーありますよねそういうこと!自分の不注意の枠を超えてくるときとかたまにありますもんね、絶対誰か持ってったでしょ!みたいな(笑)

―そうそうそんな感じ(笑)


では、最後に一言お願いします!

―3年生にとっては一つの区切りになって、2年生にとってはこれから新しい部員たちを迎えるための劇になるのでね、一生懸命頑張ってます。面白いのでぜひ来てください!!

藤瀬夕美さん、最後に良いことを言っていきましたねー、流石先代座長!!
前回の4年生の卒業公演にはキャスト唯一の2年生として出演していました。他の4年生の方々に負けないくらいの存在感だったなぁ…


キャストインタビューはまだまだ続きます!
次回もお楽しみに。

おはようございます!制作部3年の川田です。
もう本番まで1週間を切っているという事実に驚きを隠せない今日この頃です。

本日よりキャストインタビューが始まります!これから制作部の3人で春公キャストの紹介をしていきます。ぜひとも暖かい目で見てくださればと思います(`・ω・´)ノ

記念すべき第1回のお相手はこの人!


(真ん中でいい笑顔をしている彼です)


※インタビュアー:杉田 順


最初に自己紹介をお願いします。

―3年文学部文学科演劇学専攻の三原広夢です。

はい、では役柄について聞きたいと思います!

―まぁ、特に言うことはないかな…

いやいや…(笑)どういう人なのかとか、お願いしますよ。

―じゃあどういうキャラに見える?

うーん…暗い人だなぁとは思いますね。

―や、暗くはないよ。

あれ、無口なだけですかね?

―無口ってわけでもないよ

えー…じゃあ三原さんから見たらどんな役なんですか?

―人と付き合うのが苦手なのかなー…って思いました!

ほう、苦手とは?どのあたりが?

―それは知らないっすよ。この脚本を書いた人に聞かないと。

えぇー…ここを掘り下げたら面白そうなのに…まぁネタバレにつながる可能性もあるので一旦置いておきましょう。
では、次の質問。この劇の見どころは?

―なんだろうねぇーーうーーん…。

いっぱいありすぎてわからないって感じですか?(笑)

―や、それはない(笑)まぁ、色々と頑張ってるよってところが見どころかな。2年と3年が力を合わせてるよーってところとかね!

なーるほど、良いこと言いますね!!
では次、今回の公演のタイトルにちなんだ質問を。

誰かのせいにしたいことはありますか?

―そんなものはない。

いや、噓でしょ。

―いや、全て自分のせいだから。そんなものはない。

つまんないなぁ…。
じゃあ、最後に一言お願いします。

―頑張ってるから見てください。



三原広夢くんでした!
3年のキャスト陣の中では最も多く活劇の舞台に出ているんですね。部内公演も含めると7回目ですかね、すごいなぁ。

さて、ブログの最初にも書きましたが、本番まであと1週間です。
この場を借りて宣伝をしておこうかなと…(笑)

https://ticket.corich.jp/apply/81840/
↑こちらのページから予約できます。
木曜の回は売り止めとなっております…
金、土、日のソワレ(午後の回)がオススメです!

次回もお楽しみに!

劇団活劇工房vol.117春公演
「全部、あいつのせいにする」

【あらすじ】
迷走大学惑星研究会、略してわくけん。

テレビであの子が売れようが、
街から人が消えようが、
小さな部室で今日も僕らはへらへら生きる。

新入部員のあの子が言った。

「探そう、私たちで」

見つけたら何かが変わると思ってた。
(多分だけど、あいつもきっとそうだったんだろう)

まぁどちらにせよ、元になんて戻らないから。

全部、あいつのせいだから。

【脚本・演出】
山本悠

【キャスト】
栗田由佳
長堀章一
藤瀬夕美
本康怜亮
三原広夢
安井萌
吉川泰地

【スタッフ】
演出助手: 川田俊介、杉田順
舞台監督: 重原俊太
舞台監督補佐: 渡辺暁
音響: 横沼萌衣、三原広夢
音響操作: 横沼萌衣
照明: 栗田由佳、喜多晴行、吉川泰地
照明操作: 喜多晴行
舞台美術: 本康怜亮、藤瀬夕美、渡辺暁
衣裳: 宮倉るり、長谷山諒、安井萌
宣伝美術: 長堀章一、栗田由佳、安井萌、山本悠
制作: 杉田順、川田俊介、宮倉るり

【タイムテーブル】

携帯からの予約はこちらをクリック!





※受付開始、開場は開演30分前
※上演時間は約90分を予定しております。
4/30(日)18:00~以外の全ての回では、終演後にバックステージツアーを開催する予定です。

【料金】
予約・当日共に無料

【会場】
明治大学和泉校舎第二学生会館地下アトリエ(京王線 ・京王井の頭線「明大前」駅より徒歩8分)

*ご予約方法*
【こりっち予約フォーム】
https://ticket.corich.jp/apply/81840/
こちらのページに必要事項を入力して完了!

【メールアドレス】
katsugekikoubou2013@gmail.com
まで件名を〔チケット予約〕とした上で〔1ご予約日時、2お名前、3枚数、4ご連絡先〕をお伝え下さい。

【Twitter】
活劇工房Twitterアカウント(@katsugekikoubou)のDMからも受付しております。
メールでのご予約と同様に〔1ご予約日時、2お名前、3枚数、4ご連絡先〕をお伝え下さい。

*お問い合わせ*
〔メールアドレス〕katsugekikoubou2013@gmail.com
〔ブログ〕http://katsugeki.blog86.fc2.com/
どうも!前回に引き続いて文字起こし担当させていただきます、制作1年の杉田です。よろしくお願いします!今回はキャストインタビュー第三弾ということで、僕もインタビュアーとして参加させていただきました!まだまだ危なっかしいので先輩に助けてもらってますが(汗)
それはさておき!今回、インタビューもとうとう第3回目となりました。今回のインタビューのお相手は、キャストの1人、市川瑞葵さんです!一体どんなお話が聞けるのでしょうか?早速始めていきましょう!


杉田:では、キャストインタビュー第三弾を始めさせていただきます。最初に学年、学部、名前をお願いします。
市川:文学部4年の市川瑞葵です。
杉田:ありがとうございます。

<劇中での役について>
杉田:次に今回の公演で演じるキャラクターについて、教えてください。
市川:ん~、隠れんぼに命を賭ける少年かな!隠れんぼがしたい!って強い気持ちを持って臨んでます!
岡崎:他にも何かない?隠れんぼに命を賭ける少年、と?
市川:ん~他にも…。巻き込まれ型かなぁ?ツッコミかもしれない。
岡崎:多彩だね(笑)!
市川:やったね!
杉田:では、隠れんぼに命を賭けてて、受け身でツッコミ、という感じで。
市川:あんまりセリフが多い役じゃないけど、(セリフが)お客さんにぶっ刺さるように頑張ります!

<他のキャラクターについて>
岡崎:どう?みんなを見てて。何か感じる?
市川:大変そうだけど、仲間がいていいな!って思う。わたしは同じくくりの人がいないから寂しさを感じる。
岡崎:そうだね、インタビューも1人だし。なぜ1人でインタビューかってとこもまた舞台でお客さんに見てもらいたいよね。
市川:そう、ひとりぼっち。仲間っていいな!って思う。

<何か一言>
杉田:次は一言をお願いします。本番への意気込みとか…。
岡崎:自分の思い、とかね。
杉田:じゃあ今回は卒業公演ということで、活劇工房での劇はこれで最後になってしまうわけですけど、それについて何か思い入れとかをお願いします。
市川:思い入れはいっぱいあるよ。劇に出るのもこれが最後だし、同期の人がいっぱいいるのも私たちが1年のころの新人公演以来だし。だから前回と比べてどれぐらい成長しているのかっていうことを考えたりして(この劇に)臨んでいます!

<どうして演劇をするのか?>
杉田:じゃあ最後に、なぜ演劇をやるのか?ということをお聞きしたいです。
市川:えー、何というか…。私は毎公演のたびに出来てないってところがあるな、って思うの。だから次やる時はそれを直したいな!って思って。直すには出るしかないじゃん。だから出来なかったところを直すために、出るって感じ。悔しいからね!出来ないまま終わるのは!だから、出来ないってことがないように本番も頑張ります!



インタビュアー:杉田順 岡崎菜月
文字起こし:杉田順



今回のお相手、市川瑞葵さんでした!この方の演じる少年というキャラクターは、それはそれは重要な人物なんですよー!(ま、まあ重要じゃないキャラなんて居ないんですけど…(汗))
それはそれとして!彼女自身がおっしゃっていたように、今回がラストなので全身全霊を以って本番に臨むそうです。皆様、そんな彼女の勇姿をどうぞご覧あれ!

















« back | main | next »