FC2ブログ
おはこんばんちは。初めまして。今年の夏公演で作演を務めました、金田理佐子(通称しき)と申します。人生初ブログというわけで、脚本の裏話でも書いてみようと思います。とはいえ、「作家は作品の中で全てを語れば良いのであって、後からああだこうだ言うのは詰まらないからやめろ」と安吾っちに怒られそうですが。まぁ書きますよ。自分語りは大好きなもんで。

以下ネタバレあったらすみません。

まずタイトルについて。「人間万事まわり燈籠」という言葉は、内田百閒先生(漱石の弟子)の文章から拝借しました。「人間」は人と人との係わり合いの世界、「まわり燈籠」は走馬灯の意だそうです。今回(仮)が付いているのは、私がこの作品に全くもって自信が無いからです。大して面白くもないし、未完成で中途半端だって思いがどうしても拭えなくて。こんなこと書くと座組の人達に失礼かもしれないのですが、脚本が面白いことって、面白い舞台の第一条件じゃないですか。どれだけ役者が頑張ったって、やっぱり0を1にすることは難しいんですよ、多分。まぁそういう弁明を孕みつつの(仮)です。

それじゃ本編について触れます。前々から言っている通り、私は本を書くのが好きじゃありません。書けるから書いてるだけで、できれば作演なんてしたくない。疲れますからね。それに、恒常的に面白いものを書き続けられる力量とか創造力も無いので。分不相応ってやつですよ。それでも、書くなら書くでちゃんと良いものを作りたいとは思っていますし、これは書かねばならぬっていう事柄も持ってはいます。それが今回は「バタフライ効果」でした。これは入間人間さんの短編小説『未来を待った男』に影響を受けています。粗筋をざっと書くと、男がバタフライ効果による未来人との邂逅を期待する、ってなるんですかね。うーん、分かり辛い。まぁ読めばいいと思うよ。めちゃくちゃ面白いので。その中に「例えばこの骨を積み上げれば、未来は大きく変わるだろうか?」(疎覚え)って台詞があるんですよ。……何てかっこいいんだ。全てはここから始まっています。えっとつまり、昔の人間がやらかした些細な出来事が長く尾を引いて、現在にまで様々な影響を及ぼすってことがやりたかったんです。失敗しましたけど。こういうのは私の畏敬する伊坂幸太郎さんの小説(「フィッシュストーリー」か「PK」「アイネクライネナハトムジーク」など)にもよくあるので、そういう意味でも書いとかなきゃなって。実は作中で何度か伊坂作品の引用もしています。布教したいから白状しますが、岡本の「人生を要約していいのか」って台詞は伊坂幸太郎『モダンタイムス』に出てきます。布教神なので引用載せますね。

『人生は要約できねえんだよ。人ってのは毎日毎日、必死に生きてるわけだ。つまらない仕事をしたり、誰かと言い合いしたり。そういう取るに足りない出来事の積み重ねで、生活が、人生が、出来上がってる。だろ。ただな、もしそいつの一生を要約するとしたら、そういった日々の変わらない日常は省かれる。結婚だとか離婚だとか、出産だとか転職だとか、そういったトピックは残るにしても、日々の生活は削られる。地味で、くだらないからだ。でもって「だれそれ氏はこれこれこういう人生を送った」なんて要約される。でもな、本当にそいつにとって大事なのは、要約して消えた日々の出来事だよ。それこそが人生ってわけだ。』

……はい、そういうことです。要約できない人生を。素敵な言葉です。宜しければ御一読を。

さて、話を戻します。先述した書いておかなきゃならないテーマの二つ目として、「東京オリンピック」があります。ボランティアの遣り甲斐搾取だなんだと騒がれてますけど、経験しておくべき避けては通れない事柄だと思うんですよね。私自身は勝ち負けの概念が苦手なので好きじゃありませんが。だから事細かくは触れてませんが、軽くかすってはおきました。
私がなぜオリンピックに苦手意識を持っているかと言えば、それは輝いているからです。皆が金メダルを目指して4年間努力してきている訳でしょう。4年間ですよ、4年間。4年あれば小学生が高校生になっちゃうんですよ。すごいですよね。そんな長い間努力し続けられるのって本当に凄いと思います。テレビで強さの秘訣って特番なんかも組まれたりして、親への感謝とか、小さい頃からの軌跡とか放送されて。兄弟と切磋琢磨して育ってきたとか、海外で力を付けたとか、勉強もできるとか。圧倒的カリスマ性オーラが画面越しにガンガン刺さってきたりして。そういうのを見ていると、何だかこう、何も努力せずに好きなことやって平和で満たされて暢々と生きているのが申し訳なくなってくるんですよ。生まれてすみませんってなっちゃって。もっと不幸にならないといけない、苦労しないといけないって気になってくる。でも、苦しみながら生きるのって辛いじゃないですか。やっぱり幸せになりたいと思いますよ。ってところで自己矛盾が起きちゃって、どうにもならなくなる。街頭の募金箱とか、戦時中の映像見てもそうなんですよね。幸福に生きてしまってごめんなさい。どうしようもないですね。だから、誰かに赦して欲しいんですよ。この時代に生まれて、努力もできないでただ日々を謳歌している事を、「悪くはないんじゃないか」って言って欲しい。それは所詮気休めでしかないのですが、多分、救いにはなりますよ。ツチノコ研究会はそういう煩悶のシンボルだと思ってください。

はぁ。やっぱりこういうことを後から書くのって小賢しいですね。熟々嫌になる。もっとマシな人間になりたいですね。

閑話休題。

さて、只今9月29日16:30。残すところあと2ステです。まだまだご予約受付しております。お気軽に劇場まで足をお運びくださいませ。

↓↓【ご予約はコチラ】↓↓
http://ticket.corich.jp/apply/94626/007/
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL