FC2ブログ
こんにちは!活劇制作の中條です。
急に冷え込んできましたね。皆さん風邪を召されてはいないでしょうか…?
座組一同寒さに負けず頑張っています。

さて、今回のキャストインタビューはこちらのお二人…鈴木尊也・本康怜亮(敬称略)
image1.jpg
(左から鈴木尊也、本康亮介)
写真からもお二人の遊び心がうかがえるかと思います(笑)
そんなお二人のインタビュー回答も遊び心と嘘がいっぱい…?(笑)


―まずは自己紹介の方をお願いします。

本康:総合数理学部2年の本康亮介です。
鈴木:法学部4年の鈴木尊也です。好きな食べものは、カレーです。(この後しばらくカレートークで盛り上がりました。ここでは割愛♡)

-----------------------------------------------------------------
―自分の役の紹介をお願いします。
本康:僕は村の中のとある家族の長男です。

―舞台は山の中の村ということですが、犬神家みたいに大家族だったりお面の男が出たりするんですか。

本康:いえ、3人家族ですね。あ、でもスケキヨみたいな人は出てきますよ。
鈴木:今回は犬神家をやります(笑)沼から足だけ、みたいな。

―ちなみに、その沼から足だけを出す役はどなたが?
鈴木:林(作演)ですねー。どうしよう、冗談ばかり言っている気がする。
本康:嘘だらけのインタビューですね。
※なお、沼から足は出ません。


―その家族はやはり問題を起こすんですか。暗い問題なのでしょうか…?
本康:僕ら家族がひと悶着起こしますね。
鈴木:家族のギクシャクがどんどん村全体を巻き込んでいくっていう…。
本康:あ、でも明るいドタバタコメディです。
鈴木:終始わっはっはと笑えるみたいな。気軽に、カフェにふらっとよるくらいの気持ちで来てもらえると(笑)
―本当はもう少しシリアスな話です…よね?

鈴木:僕の役は、その村に事件を持ち込む家族の父親。本康とは親子ですね。父息子、あと本康に妹がいて、その3人家族です。僕自身4年生で実質、年長者ですしね。

―鈴木さん、1年生の時は息子役を経験してましたが、今回は逆の立場ですね。何か思うところもありますか?
鈴木:特にないですね(笑)でも、たった数年で逆の立場を経験するっていうのは面白いですね。息子はつい反発する、父親は思いに答えられない。その辺は考えてますね。

―本康さんは息子役初めてですね。
本康:そうですね。まあ、結構その息子もおっちゃんなんですけど(笑)ゆくゆくは鈴木さんのように父親役もやりたいです(笑)
でも、今回に関しては息子というより兄を演じるほうに苦戦したんですけどね。僕自身は弟なので。
鈴木:兄貴を参考にしなかったの?
本康:参考にならないですよー。

-----------------------------------------------------------

―さあここで本公演のオリジナル質問です!『刻印』というタイトルにちなんで、あなたに“刻印”されているもの・ことは何ですか。


鈴木:昔読んだ本で、新渡戸稲造さんが書いた『武士道』のワンフレーズですかね。

「学べどもなお学べども学べども、学び足りぬは学びなりけり」

人生は学習ですよと。吸収し続けて、上限がないのを感じるんですね。あと最近、僕の意見にも耳を傾けてくれる大人に出会うことが多くて。そういう、謙虚さかな、何でも自分のものにして、それを他の人にもつなげていきたいんです。
このフレーズに出会ったのは高校生のときですが、それ以来ずっと心に留めてますね。

―それが今の自分を形作っていると…
鈴木:そうだといいですねー。学びの姿勢で…皆さんも、頑張ってください(笑)


本康:僕はあれですね。同期にも「目が怖い」とか、先輩に「何かやばいもの部屋においてそう」とか言われるんですよね。
その暗さがむしろ僕のアイデンティティかなと。
みんなと出会って自分のキャラといいますか、持ち味に気付けたかなと。

鈴木:危ない人として、刻印されるみたいなね!
本康:いいことやったら、「あの人が⁈」ってなるんじゃない?笑

―ぜひ舞台上で実際の彼を見てほしいですね。

-----------------------------------------------------------------

―最後に一言どうぞ。
鈴木:是非ともこのドタバタラブコメディーを見に来て下さい!っていうのは冗談として。
メッセージ性の強い作品ですので、漠然と見てても何か心に浮かぶような作品になるんじゃないかなと思っています。何かを感じてもらえたら嬉しいですね。

本康:久しぶりの役者で気合入ってます。演出の指示で髪も伸ばしてますしね(笑)そんな頑張っている姿を見に来てほしいです!

ーありがとうございました^ ^

スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL