こんばんは!制作3年の川田です。
更新が夜遅くなってしまい申し訳ないです…。

今日は照明搬入でした。ついに舞台に照明が吊られ、今までの舞台セットが照明の明かりによって違う空間に見えてきます!
ぜひ皆さんにも見てもらいたいです!!

キャストインタビューもあと2人。
本日はこの方!




インタビュアー:高橋拓己

ーではインタビューを始めたいと思います!
まずは自己紹介をお願いします。

国際日本学部、国際日本学科、1年の木下友裕です。

ー今回の役柄はどんな感じですか?

似田近義という、殿に仕える厳格な武士ですね。冷静沈着です。

ーでは、劇の見どころをお願いします!

やはり殺陣ですかね。本当にたくさん練習したので、ぜひ見てほしいです!
もう一番練習してるので…ここが一番の見どころだと思います。

ー普段どういった部分に気を付けながら殺陣の練習をしていますか?

とにかく安全面に気を付けてますね…。
あとは2人でやっているので、コミュニケーションを大事にしながら同じ空間を作ってる感じの、そういうイメージでやってます!

ーコミュニケーション、大事ですね…。
では次は公演独自の質問、「あなたらしく生きる」とはどんなことですか?

勝負事って色々あるじゃないですか。
例えばジャンケンとかにしても、必ず本気で挑む、勝つというスタンスで臨むことですね!

ーなるほど、では今回の公演は何に勝つつもりで挑みますか?仮想敵というか。

仮想敵…やはり自分ですよ!自分の中のね…こう…自分の役になりきるという気持ちを持って自分に勝つということですよ!
…こんなんでわかりますか?(笑)

ー……ちょっとわからないです(笑)
でも本番を観たらわかるかもしれないですね!(笑)
それでは最後に何か一言、どうぞ!

自分は演劇初挑戦で緊張の連続ですが、頑張りたいと思いますよろしくお願いします!!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL