相方、舞監吉田さんに日誌を回されました荒木です。日誌を止めていてすいません!これでも一応作演なのよ!

日誌については、この公演が終わってからひっそり書こうと思っていたので急に回されてびっくり。しかも三回も書けというムチャ振りをされる始末。さすがよっちーだぜ!

何について書こうかなと暫し悩んだ結果、井川君の家に泊まりに行った話を書くことにしました。
大丈夫、まだ二回もあるんだ。今回の公演についてはいずれまた。

昨日は二年生の役者、井川君の家に泊まりに行きました。メンバーは井川、私、耕大、高木、肇さんの計五人。
後輩の家に遠慮もせずズカズカ上がりこんでいく四人の先輩達。正直すまんかった。

そして買ってきたお酒で乾杯して、さぁ皆で色々話そうじゃないかという時に、高木君がひとり夢の中へ。
「こいつはダメだ」とひとしきり皆で眠っている高木君を罵倒し、その後は四人で色々な事を楽しく話していました。

それから3~4時間後。皆疲れてるしいい加減そろそろ寝ようかという流れになり(耕大だけ元気だった)、各々布団に潜り込んでいる時に、先ほどまで寝ていた高木君がおもむろに起き上がり、眠そうな面々に向かって「積もる話でもしようよ」と言い放ちました。

高木君。前から思ってたけど、タイミング悪すぎるよ。


さぁ、明日はゲネでございます!いよいよ本番まであと少し!頑張っていこう!
そして日誌もまわしちゃおう!ではー…

お客さんが来ているのはあなたのお陰。素敵なチラシをありがとう! 宣美の優ちゃん
タタキ、仕込みではお世話になりました。頼れる姉御! 装置の彩ちゃん

このお二方に回します。よろしく!



スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL