上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございまーす!前回に引き続き制作2年の杉田です!
本番まで後2日!みんな活気で溢れてます!

さあ、今回はキャストインタビュー5回目!この人には去年の夏公演でお世話になりましたねー。
それではいってみましょう!


(後ろのキメ顔の彼女)

※インタビュアー 杉田 順

自己紹介を、学部学科共にお願いします。

ー文学部文学科演劇学専攻3年の安井萌でーす!

まぁ卒業は僕らと同じタイミングなんですけどね。

ー違うよ!?一緒じゃないよ!3年生でーす!!

(笑)
まず、今回の役柄について聞かせてください。

ー普通の女子大生です!大した特徴もなく…普通の女の子って感じですね。

もう少し詳しく!ネタバレにならない程度に…。

ーえ、なんだろ…先輩で、ちょっと見栄っ張り?なところもあると私は思います!それでいて自身のステータスを気にしてそうかな。クラスでの立ち位置とか。

ありがとうございます!
では劇の見どころについてどうぞ。

ー私のおすすめが、音楽がめちゃめちゃカッコいいところ!選曲も使い方も神がかってて、是非ともそこに注目してほしいですね。

音響さんが見どころってことですか?

ーそれももちろんだけど、曲の演出とか使うタイミングとか…とにかく素晴らしい!
あとは舞台美術かな。今回舞台セットかなり頑張ってるので!



次に、タイトルにちなんだ公演独自の質問です。
誰かのせいにしたいことはありますか?

ー………フランス語の単位かな。

それは自分のせいでは?(笑)

ー違うんだ、違うんだよ!文学部ってフランス語の先生を選べないのね。そしたら2年生の時の先生が、出席を得点にカウントしない先生でね。

ほうほう。

ーテスト100%のそこそこ厳しい先生だったんだ。テスト問題も難しくて…。だから、まぁ無理じゃないですか。

え…それって自分のせいでは…?

ー先生!先生のせいなんだよ!きっと!!

そうだ、質問の内容が誰かのせいに「したい」ことですもんね(笑)

ーそうそう!全部、あいつのせいにする(笑)

…納得できない部分も多々ありますが、良しとしましょう!
では、最後に一言お願いします。

ー我々3年生はこれが活劇工房で最後の本公演なので、、いつも頑張ってるけど、より頑張りたいと思います!良いものができてると思うので、楽しみにしていてください!!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。