どうも!前回に引き続いて文字起こし担当させていただきます、制作1年の杉田です。よろしくお願いします!今回はキャストインタビュー第三弾ということで、僕もインタビュアーとして参加させていただきました!まだまだ危なっかしいので先輩に助けてもらってますが(汗)
それはさておき!今回、インタビューもとうとう第3回目となりました。今回のインタビューのお相手は、キャストの1人、市川瑞葵さんです!一体どんなお話が聞けるのでしょうか?早速始めていきましょう!


杉田:では、キャストインタビュー第三弾を始めさせていただきます。最初に学年、学部、名前をお願いします。
市川:文学部4年の市川瑞葵です。
杉田:ありがとうございます。

<劇中での役について>
杉田:次に今回の公演で演じるキャラクターについて、教えてください。
市川:ん~、隠れんぼに命を賭ける少年かな!隠れんぼがしたい!って強い気持ちを持って臨んでます!
岡崎:他にも何かない?隠れんぼに命を賭ける少年、と?
市川:ん~他にも…。巻き込まれ型かなぁ?ツッコミかもしれない。
岡崎:多彩だね(笑)!
市川:やったね!
杉田:では、隠れんぼに命を賭けてて、受け身でツッコミ、という感じで。
市川:あんまりセリフが多い役じゃないけど、(セリフが)お客さんにぶっ刺さるように頑張ります!

<他のキャラクターについて>
岡崎:どう?みんなを見てて。何か感じる?
市川:大変そうだけど、仲間がいていいな!って思う。わたしは同じくくりの人がいないから寂しさを感じる。
岡崎:そうだね、インタビューも1人だし。なぜ1人でインタビューかってとこもまた舞台でお客さんに見てもらいたいよね。
市川:そう、ひとりぼっち。仲間っていいな!って思う。

<何か一言>
杉田:次は一言をお願いします。本番への意気込みとか…。
岡崎:自分の思い、とかね。
杉田:じゃあ今回は卒業公演ということで、活劇工房での劇はこれで最後になってしまうわけですけど、それについて何か思い入れとかをお願いします。
市川:思い入れはいっぱいあるよ。劇に出るのもこれが最後だし、同期の人がいっぱいいるのも私たちが1年のころの新人公演以来だし。だから前回と比べてどれぐらい成長しているのかっていうことを考えたりして(この劇に)臨んでいます!

<どうして演劇をするのか?>
杉田:じゃあ最後に、なぜ演劇をやるのか?ということをお聞きしたいです。
市川:えー、何というか…。私は毎公演のたびに出来てないってところがあるな、って思うの。だから次やる時はそれを直したいな!って思って。直すには出るしかないじゃん。だから出来なかったところを直すために、出るって感じ。悔しいからね!出来ないまま終わるのは!だから、出来ないってことがないように本番も頑張ります!



インタビュアー:杉田順 岡崎菜月
文字起こし:杉田順



今回のお相手、市川瑞葵さんでした!この方の演じる少年というキャラクターは、それはそれは重要な人物なんですよー!(ま、まあ重要じゃないキャラなんて居ないんですけど…(汗))
それはそれとして!彼女自身がおっしゃっていたように、今回がラストなので全身全霊を以って本番に臨むそうです。皆様、そんな彼女の勇姿をどうぞご覧あれ!

















スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL