Good evening! どうも制作3年佐藤慧介です。3年になっちゃいました。モラトリアムも後2年。折り返し地点です。感慨深いものです。

さて昨日今日はタタキ・仕込み、すなわち今回の作品の舞台(装置・美術)作りでした。今回のタタキ・仕込みは従来のタタキ・仕込みと比べて非常にスピーディーに進みました。手際よく、効率よく、無事タタキ・仕込みを終えることができました! 本番まであと2週間、ちゃくちゃくと公演の準備が整ってきています。

12413451369819785671.jpg

12134154235151.jpg


では、続いては毎度おなじみキャストインタビューです。今回はこの方です!



14151363514234.jpg

―自己紹介をお願いします!
法学部法律学科2年長谷山諒です。

―まず今回演じられる役について教えてください。
え~と、新島ワカバという役をやらせていただいていて、新島ワカバは一応高校二年生の設定となっています。

―若返りましたね。
そうですね。まぁ出ている中では多分一番若い役だと思います。一番元気いっぱいにやらせていただこうかな、というところでございます。

―なるほど。では次に今作の見どころを教えてください!
劇の見どころはやっぱり増田さんですね。いや違います(笑)
え~とですね、やすおが1980年代にタイムスリップしていろんな夢追う人々と出会い、色々と心情変化していくところですかね。やすおの心、そこをぜひ見ていただきたい。

―なるほど。では次は毎度の公演独自の質問。もしタイムスリップできたとしたらどの時間に行きたいですか?
やっぱ個人的には幼稚園ですね。勉強しなくていい! 遊んでればいい、そんな生活に戻りたい。粘土いじってね、昼寝して一日終わる! そんな生活に戻りたい。受け身の体制がいいね。

―では最後に一言どうぞ!
まぁ今回キャストがたくさんいて、色んな役があって色んな人がいて、そんなところで(それぞれの登場人物)見比べてくれたらいいなと思います。

IMG_7958.jpg

※インタビューアー=川田俊介  文字起こし=佐藤慧介


以上はせやん(長谷山諒)のインタビューでした。今回の作品、インタビューにあるように“夢追う人”がいっぱい出てきます! 新入生の方は勿論のこと、夢を追いかけ疲れちゃったなぁ~と感じている人にもぜひ観て欲しい作品です。みなさんもやすおと同様に何か変化が起きれるかもしれません。


それでは、 Good night!

スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL