上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お疲れ様です、制作一年の安井です!

小屋入り二日目、そして明日はいよいよゲネプロです!!
本番が近づいてまいりましたね・・・!
じわじわと緊張してきました、私が緊張してどうするんだって感じではありますが!
きっと役者さんのほうが緊張してますよね、少しでもインタビューで笑って緊張をほぐせたらと思います。

では、今回のターゲットはこの方!!



2016.2.22稽古場_2927


数少ない連続出演をしているこの方、
夏公演や新人公演での印象が強い方も多いのではないでしょうか?


-よろしくお願いします!

お願いします。

-ではまず、自己紹介を学部、学年とともにお願いします。

法学部1年の藤瀬夕美です。

-はい、よろしくお願いします。では、今回の役柄について聞かせてください。

峰不二子!

-えっ?そうなの?

胸のない峰不二子!

-あっ……あまり触れないでおきましょう。

女子はね、身長が高い人は胸が小さくなるんだよ。

-らしいですね。

仕方ない。

-そうやってバランスを取ってくんですね。世の中は。

そうそうそう。

-はい、峰不二子ということで……(笑)
色気のあるお姉さん的な感じですか?

そうそう、ミステリアスなね。

-なるほど、ありがとうございます。
では次、今回の劇の見どころはなんですか?

見どころはー、ハードボイルドな男性が多いこと。

-あぁー、確かに!

ハードボイルド……西部劇?

-まぁ西部劇かな……?舞台美術もそんな感じですしね。
では次の質問、今回劇中には3人の英雄が登場しますが…
…あなたが英雄と呼びたい人を一人、教えてください!

アイザワ先生という先生がいてね!(笑)

-お、高校ですか?

いや、幼稚園(笑)

-幼稚園!?

やばいっしょ(笑)
私の初恋の人がアイザワ先生なんですよ。

-おおぉぉ……(笑)

名前言ったらダメかな、怒られるかな……
いいよね全部カタカナで書けば。

アイザワ リュウジっていうもう名前からかっこ良すぎるという先生がいて。

私体操教室行ってたの、幼稚園の頃3年間。
そこの先生で。

年少さんの時にお世話になったの、3歳くらいの時ね。

-よく覚えてますねそんなこと……!

めっちゃ好きだったからもう(笑)

なんか同年代の子が私以外にいなくて、あとみんな年中さんか年長さんだったの。

だからまぁ、必然的に可愛がられるっていう。

んで、これがまた私好みの……
ていうか私の好みがここで決定してしまったというか。

-(笑)

マッチョだったの!!
大学生かちゃんとした人か分かんなかったけど、とりあえずマッチョじゃん?
筋肉がある、ゴリラっぽい、ちょっと黒い、みたいな!!

-もうどストライクというか、その時の好みを引き継いでるというか……(笑)

しかも優しいみたいな(笑)
こう、五郎丸が、子猫を抱いているみたいな感じが……(笑)

-例え(笑)

もう弱冠3歳で目覚めてしまった。
マッチョに。

-今まで続いてるんだねそれが……(笑)

やばいね。もう。

-人生に多大なる影響が…

三つ子の魂百まで的な(笑)

-ほんとだ!(笑)

好き過ぎたほんとに。
めっちゃ内気な子だったのよ、ちっちゃい頃は。

-へー、意外ですね。

小学校2年生くらいで何故かゴリラになってしまったけどね!
はっちゃけたよね。

まぁとにかく、めっちゃ好きだったんだよ。
優しかったから。

-何か、特に覚えてるエピソードとかは?

あのですね、出席シールがあるんですよ、毎週金曜だったんだけどね確か。

で、1ヶ月にだいたい三、四回あるじゃん。
んで、1回も休まないで行くと、おっきいシールを最後に貼ってくれるの!

-あー、うれしい!

嬉しかったよー。

なんか次の先生もかっこよかったんだけど、なんかチャラい系だったのね。
その人は貼ってくれなかったのよ。
んで藤瀬的にはアイザワ先生がよかったー……って(笑)

-あぁー、おっきいシールがポイント高かったのね(笑)

おっきいシールと、あと当時たまごっちが流行ってたのか忘れたけど
私のことを「ゆうみっち」って呼んでたのよ。

もうね、なんかね。
3歳が胸キュンしてたよね。

-(笑)

アイザワ先生大好きだったからねうん。
足とかに引っ付いてたと思う。

なんか上級生とかはおっきい跳び箱にのれるわけ、うちの幼稚園なんかでかかったから。
でも、ゆうみっちは乗れないからー、アイザワ先生とずっと戯れるというね!
楽しい時間を過ごしてましたよ。

-仲良し(笑)

「おはよう、ゆうみっち!」って(笑)

-よく覚えてんねそんなこと(笑)

アイザワ先生の記憶ばっかあるよ(笑)
そんなにさ、出会って絡んだ期間長くないんだよ、週に1回だし。

他の6日間私は違う人だったから……(笑)
でも週の1、2時間くらいしか会ってないはずなのに…

-のにこんなに覚えてるってのもすごいね。

年賀状とかも来てたしね。
今はもう来てないけど。

-あらー、ちょっと残念ですね。
はい、では、体操のアイザワ先生が英雄ということで……(笑)

これだけは考えてきたからね。
アイザワ先生の話だけはしなくては!!みたいな(笑)

-まじか(笑)ほかの人結構悩んでたのに…ありがとう(笑)

私偉い、アイザワ先生のおかげだね!

私の人格形成もアイザワ先生のおかげ!(笑)

-ありがとうアイザワ先生!(笑)
では、最後に一言何かどうぞ!

んー……

今回の劇、ね……みんな頑張ってるよ!

-そんなふわっと(笑)
さっきあんなに熱く語ってたのに…!(笑)

(笑)
や、みんな頑張ってます。はい。
なんかもう、大変そうです。
ぜひ見に来てください。

-大変そうですか……頑張って欲しいですね。
では、ありがとうございました!

ありがとうございましたー。


はい、相変わらずテンションの高い人でした・・・(笑)

藤瀬さんは今回も大人の女性に挑戦するようですね。
本人としては、そろそろか弱い役をやりたいとのこと・・・!?(笑)
今回もさすがとしか言いようがないかっこよさです!

ミステリアスな彼女もぜひ見に来てくださいね!

では、今回はこのへんで。
次回のインタビューもお楽しみに!!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。