上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お疲れ様です!RF制作1年の安井です(´ω` )/

今日は久しぶりに稽古を見学することが出来ました。
前回よりもシーンが増え、舞台が着々と完成に向かっていくのを感じます……小屋入りまであと1日です!

さてさて、今日も元気にインタビューに参りましょう!

今回のターゲットは私が愛してやまないこの人!!





かわいい!!

1年生のグループLINEでは彼の専用フォルダがあります!


―よろしくお願いします!

よろしくお願いします!

―ではまず自己紹介を学部、学年ともにお願いします。

えー文学部文学科文芸メディア専攻1年の阿部奎佑と申します。

―はい、よろしくお願いします。
まずは、今回の役柄について聞かせてください。

はい、えっと、今回は《ロメオ・ルッソロ》っていうイタリア人の役なんですけど、
まぁ若い青年で、ちょっと暗い過去があるという…

-ちょっと可哀想なポジションですね。
では、今回の劇の見どころについて教えてください!

えー今回の劇はですね、勧善懲悪ものなんです。
よく言うなら、アンパンマン!
アンパンマンを実写化じゃないけれど、誰が見ても正義の味方がこの人やって分かる、分かりやすい作品です。
んで、見てるお客さんにはそれを「誰なんかなー?」と考えながら見てくれたら嬉しい。

ー今分かりやすいって言ってなかった?(笑)

・・・(笑)

ー適当なんだから…(笑)

そこは編集で…(笑)

ー編集に頼るんじゃない。
はいでは次の質問、あなたが英雄と呼びたい人を1人、教えてください!

ひぃーーー!来てしまった…
俺の英雄はー…

俺ダンススクールに通ってるんですけど、
そん時の深夜のイベントでリュウイチさんっていう先生がいて、
その人のソロパートがめちゃくちゃかっこよかったんですよ!

ーへぇー。その人が英雄?

憧れなんですよー…つまり英雄です。
あれは惚れるね。いや惚れたね。
舞台のこう下から、あーかっこいいかっこいいって。
それで、そん時のビデオがあって、それをほぼ毎日みちゃって。

ー毎日! それはすごい。

もうクソファンですわ。オタクになってしまいました。

ー近々そのスクールのダンスの発表もありますしね!

あ、良ければどうぞ(笑)
チケットもありますので私の元まで連絡を飛ばしていただければ…(笑)

-はい、宣伝でした(笑)
では、最後に一言!

うーーん…実はこれが一番きつい…
まぁ、俺の感情の動きを、見てほしいなぁ!!
今から稽古がんばるから!
俺の感情が動いてる芝居を見て欲しいです。

―今回は感情的な役ですもんね。それでは、ありがとうございました!

ありがとうございましたー!

普段はニッコニコのあべすけ君ですが、
今回は少し影のある青年という点では初舞台の夏公演を思わせるキャラクターですね。
しかし、夏公演の時には無くせと言われた感情の起伏を今回全面に出して欲しいという演出さんの要望に、
苦労しながらも応えようと頑張っています。

ちなみに、今回の座組は彼以外全員成人済みなんですよね……!
そんな彼の生き生きとした演技、見逃すには惜しいですよ!今から本番が楽しみです!

では、今回はここまで。
次回のインタビューもお楽しみに!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。