こんばんは。
活劇工房制作の佐藤慧介です。

今日もやってきました稽古場ブログ、キャストインタビューです。さて今日はこの方!



―では自己紹介の方よろしくお願いします。
はい、明治大学の農学部の4年生、堀内健太です。

FullSizeRender12345.jpg

―では、今回演じられる役について教えてください!
桃太郎の中でのサルの役を演じさせてもらっています。感じとしてはどうだろう。でも、今まで演じたことのない、キャストとしてやったことのない感じですね。今まではふざけて、演出が OK って言ってくれたけど、今回は本当に真面目に、むしろ寡黙なぐらいの、寡黙でクソ真面目な役なんだけど、クソ真面目故にちょっと抜けてて、面白くなればいいなと思っています。そんな感じの役です。

―今回の公演、他の方から伺ってる中で出てきているんですけど、今までの活劇の公演とは一味違いますか?
いや~そうだね。全部 NG 来るからね。僕のやること全部 NG 来るからね。これはね、“戦い”だよね。これからも戦っていくから、よろしくね。

―では今回の公演、キャストの戦いに戦い抜いて勝ち抜いた演技が観られるというわけですね!
もしかしたら惨敗した演技かも ( 笑 )  でも、そんな感じですね。ぶつかり合いですね。

IMG_7182.jpg

―では続いて、今回は「桃太郎」といういわば古典ヒーロー譚をベースとした作品となっているわけですが、なんか理想のヒーロー像とかってありますか?
まぁ、憧れの人ってことだよね。それだったら、祖父母かな~。おじいちゃんおばあちゃんがかっこよかったんだよね。生き方が、すごく。それが自分の中では好きかな。

―おじいちゃんはどんな方なんですか?
え~とね、元は軍人さんだったから、結構ピシピシしてる。海の軍人さんで、本当にマナーにしてもいちいち厳しい。厳しいけど、筋が通っているから僕は凄い好きだった。

―そこが堀内さんの生き方の参考になっている訳ですね。
そうだね、できる限りやろうとしているんだけどね。

―堀内さん、非常に魅力的に仕上がってますよ ( 笑 )
そして、今回最後の公演、卒業公演となるわけですが、何かそれにかける想いがあったら是非教えてください。

いや~二つあるね。一つ目は、同期と同じ舞台をつくる機会をくれたっていうのは、すげぇー嬉しい。本当に。これは自分の一生の思い出になるんじゃないかなぁ~と思ってる。そして二つ目は、その場を与えてくれた是利 ( 当公演作演 ) 、そしてその場を支えてくれるスタッフ陣に感謝かな。本当にありがとう。

FullSizeRender (3)

―では最後に来られるお客様に一言どうぞ!
ちゃんと、お客さんがこの公演の観劇で費やす時間に見合ったものを創れるようにしたいなと思っています。そのために稽古頑張っていきます。

IMG_7183.jpg



なお、現在絶賛ご予約受付中です。
お時間の都合あいましたら是非是非ご予約&ご来場くださいませ!
皆様のご来場、お待ちしております。


↓ご予約方法↓
【こりっち予約フォーム】
https://ticket.corich.jp/apply/71793/
こちらのページに必要事項を入力して完了!

【メールアドレス】
katsugekikoubou2013@gmail.com
まで件名を〔企画公演『おかやまの変』チケット予約〕とした上で〔1ご予約日時、2お名前、3枚数、4ご連絡先〕をお伝え下さい。

【Twitter】
活劇工房Twitterアカウント(@katsugekikoubou)のDMからも受付しております。
メールでのご予約と同様に〔1ご予約日時、2お名前、3枚数、4ご連絡先〕をお伝え下さい。



スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL