制作の柴田です!お久しぶりでございます。
新人公演『葵女御』、上演まで早くも2週間となってしまいました…!
今回はその名の通り新人、つまり1年生だけで公演を打つわけですが
なんとまあメンバー数が前公演の半分を切っているわけでして…
みんな毎日てんてこ舞いでございます。頑張ってます!

という前置きはさておき。
今回はキャストに加えて裏で舞台を支えてくれているスタッフにもインタビューをしよう!
というわけでスタッフインタビュー、開催です!

今回の記念すべき1人目はこの方!

1192077.jpg
(決まってるゥ!)


-よろしくお願いします!
お願いします。

-まずは自己紹介をお願いします。
文学部史学地理学科日本史学専攻1年の吉川泰地です。

-今回の公演ではスタッフとして参加していますが、どんな仕事をされているんですか?
僕自身サークル外での活動が忙しくてあんまり関われないんですけど、一応宣伝美術と制作と、あとは色んなところの細々とした役を掛け持つ遊撃みたいな感じでやってます。

-宣伝美術というと…?
そうですね…任された仕事としては、当日パンフレットの文章を書くことですかね。イラストとかレイアウトとかは山本悠(※インタビューは後日公開!)がやって、僕は文章を書く役ですね。

-おお!じゃあ当日パンフレットの文章は必見ですね!
あともう一つ、制作ということですがそっちでは何のお仕事を?
制作では折り込みの手伝い…他の大学サークルにフライヤーを配っていくのが出来ればやっていく感じですね。

-今回の劇の見どころはズバリ…?
王道のシンデレラストーリーなんですけど…まあベッタベタな展開が待っているわけなんですけども、まあそのベッタベタな展開はみんな好きだからベッタベタなんですよ。だから…楽しんでニヤニヤしていただけたらなと思います。

-では今回の舞台『葵女御』のストーリーにちなんだ質問!あなたが「幸せだなぁ」と思うのはどんな時ですか?
冬の朝に自分の体温がこもった布団で二度寝するときです。布団から出たくない!

-あー分かる!笑 じゃあ最近とかは起きるの大変じゃないですか?
もう1限出たくない…

-それでも出る?
それでも出る。出なきゃならないからね!
文学部はねー…出席癖を付けなきゃいけないからね。出席取る授業が多いし出席点もデカいしね。
もう毎朝布団との戦いですよ。

-えらい!頑張ってください…!
それでは最後に一言!
先も言ったように僕はあんまり関われないんですけど…今回は新人公演ということで1年が制作からキャスト、演出まで全部何から何まで初挑戦なんですけども、そういったところの初々しさを温かく見守っていただくとともに夏公演に参加しているキャストとかの成長具合を見ていただければなと思います。


1117_2552.jpg
(スタッフの仕事のみならずキャストの基礎練まで手伝ってくれちゃいます。感謝!)

++++++++++

今回はここまで!ありがとうございました!これからバンバン更新していきますよ!
ちなみに本公演のインタビュー、今回登場した吉川君が頑張ってみんなに聞いて回ってくれています。
それでは、次回に乞うご期待!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL