上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます。またまた制作1年の川田です。
今日は照明搬入です!しかし雨。どうして今日なんだ雨よ。

今回のキャストインタビューはこの方!


(凛々しい)

ーよろしくお願いします
よろしくお願いします。

ーまずは自己紹介から
明治大学2年法学部の池田悠一郎です。皆からはゆうちょって呼ばれています。

ーでは、今回の役柄について説明をお願いします
出てくる場面は長くないんですけども、自分は「望月大佐」という役を演じるんです。この役を与えられた時、自分に大佐の様な人を支配する側の役がこなせるのか不安もありました。だけど実際は悪戯をする場面もあるような役だったので、そのような場面では快活な演技を見せていきたいです。

ー今回の役の見所は?
自分が演じる役は、話の原点を作るようなキャラなんですね。お客さんに衝撃を与えるような場面にしたいので、望月大佐が出る時はぜひ注目して下さい!

ー今回の劇に関連して探偵にまつわる質問です。目の前に探偵が現れたとして、どんなことを依頼したいですか?
そうですね…自分はちょっと活劇内の恋愛事情というか、人間関係とかそういうのをあまりよく知らないんですね。だから、そういったことを調査してもらって、自分に報告してほしいですね!

ー今までのインタビューで一番真っ当な依頼ですね…(笑)
そうですか?ありがとうございます(笑)

ー最後に何か今回の劇について一言お願いします!
いつもの活劇はコメディ作る中心なんですけど、今回は人が何人も死ぬような、凄く暗くて残虐な部分もある作品になっています。活劇らしくないなと思いつつ、衝撃を受けながら見てくれたらいいなと思います。


今回はここまで。
次の更新をお楽しみに!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。