上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます。制作1年の川田俊介です、どうぞよろしく。
前回のPart1を担当した柴田玲実ちゃんと一緒に頑張る所存です!ちなみに、初投稿です…

今回のインタビューの相手はこの方!


(大体こんな顔してる気がしますね…)

ー本日はよろしくお願いします!
よろしくお願いします!

ーでは、まずは自己紹介から
法学部1年喜多晴行です。劇団内ではキキって呼ばれてたりします。

ー他にサークルに入ってたりするんですか?
えっとですね、雄弁部っていうサークルにも入っていますね。

ーお、雄弁部、聞いたことあります。有名ですよね!
皆に変人と思われてるサークルなんですけど、ちょっと主張が激しいだけで至って普通なサークルなんですよ!いやほんとに!

ーそういうことにしておきましょう(笑)では、今回の役柄について説明をお願いします
僕は今回は兼ね役でして、まず最初に「執事長」っていう望月大佐っていう役の執事役、二つ目として、今回の作品では合間に度々ニュースが挟まれるんですけど、そのニュースを読む「キャスター」の一人としての役、そして最後に、まぁセリフはないんですけども、「SP」としての役をやらせていただいています。

ーでは、その役柄についての見所とか、何かありますか?
見所ですか、そうですね…今回は動きですね。例えばSPとか動きが凄くしっかりしているんですよ!そういった部分を見てもらいたいですね。

ー動きですか…やっぱり難しいものですか?
まだ始めたばっかりであまり分かっていないんですけど(笑)、まぁそこそこ…。

ーわかりました!では次の質問ですが、今回は探偵モノということで探偵に関連した質問をしたいと思うんですねー。そこで、ズバリ探偵に依頼してみたいことってありますか?
探偵に依頼ですか…実は僕は皆に変人だと言われてるんですね。なので、自分の普段の行動を探偵に見てもらって、自分は本当に変人なのか見抜いて欲しいですね!もうどこに行っても変人だって言われるんですよー。変人サークルとして名高い…あ、いや、客観的に見て変人の集まりである雄弁部内ですら変人として扱われているので、本当にそうなのかプロの目から見て貰いたいですね!

ーなるほど…まぁそこまで言われているのなら調査の意味がない気もしますが(笑)
では最後にこの作品について何か一言、言いたいことがあればお願いします。見て欲しいところとか、自分が思っていることとか!
今回の作品は探偵モノとして、色々と伏線が張られているんですね。それが最後にバッっと繋がる感じ?なんですよ!だから1回だけじゃなくて、1回だけでも面白いですよもちろん!でも2回、3回と何度も見ることによってどんどん魅力が増えていく、そんな素晴らしい作品にもなっているので、機会があれば何度も見て欲しいなっていうのが僕の願いです!


今回はここまで。
次回をお楽しみに!

スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。