こんにちは!今日はまだ明るいうちの投稿です。
朝家を出てきたときには雨が降っていなかったのですが、お昼過ぎに一時期強い雨に降られ傘を持っていないわたしは焦りました。
天気が不安定ですね・・・体調はもちろんのこと、この季節は洗濯物等にもお気をつけてお過ごしください。


さて!本題のキャストインタビュー、第三弾でございます。
本日は・・・・・・

IMG_8191.jpg
特徴的な寝方をするこのお方!


- 学部と名前を教えてください。
政治経済学部経済学科2年、糟谷一輝です。よろしくお願いします。

- 今回の劇での自分の役について教えてください。
イギリス下級貴族のアルジャノン・モンクリーフという役をやらせてもらいます。この役は序盤と後半で一気にキャラクターが変わるんですね。序盤バカにしていたことが自分にいざ降りかかってみると、自分もその道に落っこちてしまう、みたいな。ガラッと変わる役なので、そこの落差を出せるようにがんばっています。お客さんにもその落差を楽しんでいただきたいです。

- 見所はどんなところですか?
そうですね~……やらせてもらう役が、後半に入ってからなんですけど、「え?どこまでいってしまうのこいつらは?頭のネジお母さんのお腹においてきちゃったんじゃない?」っていうくらいにスーパーハイテンション恋愛馬鹿で。ハイテンションなところと、とにかくひっかけ回していくところを見てほしいですね。

- 共演者の市川さんも同じようなことを言っていましたね。
そうですね!市川さん演じるセシリーは僕の相方・相手で、二人でスーパーハイテンションラブラブカップルを演じていくのでそこらへんの恋愛模様も見ていただければ幸いでございます!

- では、そんなラブラブカップルを演じる一輝さんですが、実際の一輝さんの「初恋」についてのエピソードを教えてください。
出た出た~!(笑)聞いてますよその質問は(笑)周りが話してましたよ~(笑)
そうですね~、僕が小学校4年生のころですね。僕、学校に早く行くクセがあったんですよ。そのとき一番初めに教室に着いてて、2番目にきた女の子がいたんですよ。その子とは、普通にクラスも一緒でいつも会ってたんですけど、何かそのときはちょっと違って見えて。1対1で話してみるともうスッと惚れましたよ(笑)それから小6くらいまではひそかに好きでしたね。

- 現在はこういう人が好み、とかありますか?
特にないですね~。まだ全然経験が少ないので、もっといろいろ知って統計学的に自分はこういうことが好きなんだな~、って知りたいです。だからまだデータが足りないので、タイプとかはないですね。

- ではでは最後に、この劇の意気込みをお願いします。
そうですね、今回は歌があって踊りがあって…。主役でジャック役の鈴木君が、もうべらぼうに歌がうまいんですよ。しかも踊れる。そんなやつと一緒にやるというこのプレッシャー・・・僕はね、負けないよ(笑)このプレッシャーに負けないでお客さんが笑ってくれるように、楽しかったって思えるようにがんばります!


たくさん話してくれました。ありがとう一輝くん。
尺の関係でカットしたバレンタインのお話もありますのでそちらはぜひ本人にお確かめくださいませ!彼ならきっと答えてくれるはずです。
ちなみに、インタビュアーの一人である高橋くんのタイプは「喋っていて無理をしなくていい人で、沈黙が嫌いじゃない人」らしいです…男の子は話題探しに頭を悩ませるみたいですね(笑)


さ!今日はこのあたりで。
次回もお楽しみに~!


IMG_1124.jpg
(嵐の前の静けさのような写真・・・)
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL