無事、劇団活劇工房vol.111春公演
明日なきものに勝利あれ」、
全日程が終了いたしました。ご来場くださった皆様、誠にありがとうございます。


さてはて、皆さん、いかがでしたか?
個人的には緒方さんが一番好きな役なのですが、いやぁ~あの野心を胸に秘め、虎視眈々と獲物を狙い、利用できるまで利用しつくして搾り取るあの悪役っぷりは最高です。
ここがあんたの終点だ
いいですね。痺れます!

写真 5 (1)

また、クライス細胞のクララちゃん。今回クララちゃんは、新人公演ではいかつい小人のボス、純情侍では君主想う鉄心を演じていた朝陽くんが演じているのですが、いや、もうやばいっすね。朝陽くんが身を削って、クララを懸命に演じていました......。

写真 4 (1)

そして、今回の舞台は、活劇では珍しい抽象的な舞台美術が施されたものでしたがいかがでしたか?
この美術と言うのも、実はこの物語が(物語の世界が)クライス細胞のクララちゃんによって創りだされた世界であることの伏線にもなっていたのです! また兼ね役も実は、クララとその仲間たちがこの世界を創り上げている伏線なんですねぇ。皆さんは気付けましたか?
今回の作品、こんな感じで話の細かいところ、演出の細かいところに伏線が隠されていたのです!

写真 2

写真 1

写真 1 (1)

写真 2 (1)

写真 3

写真 3 (1)

それでは、春公演ブログ、これにて......
と行きたいところですが、まだ終わりません。終われません!
実はまだ、キャストインタビューを掲載しきれていないのです!!!
力不足でまだ全インタビュー、文字おこしを終わらせきれませんでした......

あとまっすーといっちーさんのインタビューを後ほど掲載したいと思います。
もう少しだけ、この春公ブログにお付き合い下さいm(_ _)m



それではまずは一旦締めたいと思います。
では、
ここがあんたの終点だ!

じゃなくて、

クライス細胞はありまーす!!!

写真 5


スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL