キャストインタビューのトップバッターは、同じく制作メンバーで活躍中の、 ゆうさんこと佐藤優さんです!


1.自己紹介をお願いします。
 文学部1年の佐藤優です!!キャストは3回目だったとおもいます。


2.今回の役についてどう思いますか?
 役名は末次秋っていいます。末次絹の娘で、小春にとっては腹違いの妹になります。小春のことはあんまりよく思っていない子です。役柄だけ聞いたときはよく分からないなーって感じで、台本もらったらなかなか可哀想な子なのかもしれないなあって思いました。
周りから色々なことを聞かされてきて、作中でもある人の思惑に巻き込まれそうになります。
皆さまから見たらちょっと共感しづらい人かもしれませんが、周りに振り回されて生きてきたんだなあ、と読み取ってもらえるように演じたいです!


3.純情という言葉にまつわるエピソードなどはありますか?
 純情っていうか、ピュアだったなあっていうエピソードなら。。笑
といっても、中学3年生の時に初めて本命チョコを作ったってだけなんですけどね!!!!私のことをどう思ってるのか全然分からなくて、なーんか読めない相手だったので渡すだけでも緊張しました。
お返しもらいたいとかそんなことは全く考えてなくて受け取ってくれただけで幸せで、チョコを作ってる時間すら幸せだったのを覚えています(*´艸`*)笑
純情ってこんなんですかね?!?!


4.最後に皆に一言お願いします。
 いつの時代だって生きるのは大変なことで、その中でも何かを貫いて生きるのはさらに難しいことだと思います。この劇は、江戸時代という昔を生きる中で、人々が決めた色々な覚悟を見ることができるようになっているのではないかと思うのです。
笑えたり泣けたり、ちょっとくすぐったくなるようなあったかい気持ちもたくさん詰まっております!!!ので!!!!いっぺんにいろいろ見られて大変お得です!!ぜひご来場くださいませ( ◜◒◝ )♡



以上、ゆうさんからでした!
普段はキャストはもちろんのこと、会計として、制作としても頼もしい存在である彼女にも、こんな純情なエピソードがあったとは!
いい話を聞かせてもらいましたね〜笑

ていうことで、こんな感じで明日からもキャストインタビューはつづいていきます!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL