悠一郎さんから受け継ぎました!
文学部史学地理学科西洋史学専攻1年、水谷さやかです。
今回の公演の舞台監督をやらせて頂いております。

舞台監督!!
すごいですね…今更ながら立派な役職を頂いてしまいました…。笑


わたしは大学に入ってから演劇を始めました。
以前からミュージカルが好きでよく観に行っていたり、
お父さんが役者をしていることもあってもともと演劇の世界には興味があったので、
活劇の春公演を観て「ここだ!!」と思って入団しました。笑


6月の企画公演「Rhapsody in Baggage」には宣伝美術として初めて参加し、
それから夏公演「海の約束」で舞台監督補佐をやらせていただき、
そして今回の新人公演「クリスマスも寝ていたい」では舞台監督に!!

人生でこんなに大事な役を任せてもらうのは後にも先にもこれが最後でしょう。笑


舞台監督として強く感じることは、自分の力不足です。
もっとああすればよかったとか、こうすればよかったとか、
まだ公演が終わってないのに思うところがたくさんあります。
とてもとても未熟で、
同期の助けと、先輩方の支えが無ければ、わたしはまだ一人前に舞監をやることは出来ません。
付いて来てくれる1年生のみんなには感謝しかありません。


わたしがそのお返しとして出来ることは、自分に出来る最高の舞台を作ること!!
わたしに妥協は許されません。

今回の公演での失敗も、成功も、
全てのことを吸収して、
次に活かせる糧に出来たらとおもいます。



長くなってしまいましたが、
みんなで力を合わせて、必ずお客さんのこころに残るような舞台にします。

是非わたしたちの新人公演「クリスマスも寝ていたい」を観にいらしてください。



さてさて!
次のお方はキャスト兼、舞台美術チーフ補佐、そして舞台監督補佐をしてくださっている糟谷一輝さんです!
とてもとても仕事が出来て、すごく頼りになる愉快なお兄さんです笑


それでは、
ここまで読んでくださりありがとうございました!
劇場でお待ちしておりますヾ(*'ω'*)ノ

スポンサーサイト

Comment


頑張ろうね

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL