お久しぶりです!
今回のブログは、皆さんお待ちかねの役者インタビュー第四弾!!

 質問に応えてくれたのは、この方!


S__53035018.jpg


 「まず初めに、自己紹介をお願いします」
  ―文学部四年の、成沢亜紀です。


 「久しぶりの稽古ということですが、どうでしょうか?」
  ―まずー…体力が持たないのとー、発声がツラいのとー、身体がかっったいのとー、あと台詞覚えが悪くなりました!(笑)

 「いやー、久しぶりだとそうなるんですよね…」
  ―脳が衰えてきてるみたい。全然覚えられなくってさー!


 「そんなことないと思いますけどね?では次の質問なんですが…。女子企画にちんなで、女の子に生まれてよかったことってありますか?」
  ―はい!ある!可愛い女の子に抱きつける!

 「可愛い女の子に…ですか?」
  ―男だったら「え。きも」みたいになるじゃん?女だとやっぱり可愛い女の子に抱きついても、なんか「わ~♪」みたいな感じで受け入れてくれるから、ねっ!最近はよく、なつきんぐ(共演者の岡崎菜月ちゃん)に抱きついてます☆


 「ではでは次の質問です。この企画の謳い文句に『女の子は、嘘と秘密と×××で出来ているらしい…』とあります。その×××とはなんでしょうか?」
  ―やっぱり可愛さだと思うんですよね。

 「嘘と秘密と、可愛さ…?」
  ―そう!いやね、女の子は可愛いんスよ!んー…あのねぇ、例えば外見が可愛くない娘とかでも、絶対にすごく可愛い女の子の部分っていうのがあるんですよ絶対!!それでそういう可愛いところを見つけるのがすごい好き。女の子は可愛い。


 「なるほどー。確かにそうかもしれませんね…。では次に、嘘か秘密に関するエピソードを教えてください」
  ―あーえっと、高校生の時に…私、女子校だったんですけど。で、男の子とあんまり関わらないじゃないですかー。で、高三の時に予備校に通って、そこで初めて「うわー教室に男いるー」みたいになって。同じクラスの子にすっごいカッコいい子がいて!すっごい好きになっちゃって!帰り道の方向が同じで、同じ電車になっちゃったりとかして勇気をだして話しかけたの!その子がバスケ部のキャプテンで、話の流れで「スラダン(スラムダンク。バスケの漫画!)読んだことある?」って聞かれて…。本当は私、読んだことなかったんだけど「読んだことない」って言ったらそこで会話終わっちゃう!と思って「ある!」って言ってー。(笑)スラダンの話になるじゃん?全然わからないのに!

 「あー…それは……大変でしたね」
  ―だから次の日に学校で「誰かスラダン持ってない!?」って聞いてさー。受験生なのに、ずっとスラダン読んでた。(笑)それで頑張って話を合わせる…っていうのをね、ずっとやってた。可愛らしーい恋の思い出でした!

 「そうですね…!」 
  ―ちなみにフラれました。フラれました!

 「そ、それは……。ま、まぁそういうこともありますよ!あります!……では最後にお客さんに向けて、メッセージをお願いします!」
  ―女子企画自体は二回目なんですけど…今回は、新たな子も加わって、後輩も加わって。で、女の子だけだから、女の子の可愛さが前面に押し出されてると思うんですね!!女の子の、醜いけど可愛いじゃん!って思えるところがいっぱいいっぱい描かれていると思うので、観に来てください!
  女の子が好きな人は是非!!



S__53035021.jpg


 女の子の、醜いけど可愛いじゃん。と思える部分。
欠点も含めた愛おしさがぎっしり詰まったこのお芝居。
ぜひぜひ劇場に、この言葉の意味を確かめにいらしてください。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL