さて、久々の制作1年佐藤でお送りします。

今日も発声等の基礎練のあと、稽古前のウォームアップに様々なことをしましたヽ( ̄∇ ̄)ノ
まずはボウズです。

写真 2 (2)

これは一人ずつまず始めは時計回りで、好きなポーズとともに数字を数えていきます。でずが“7”と“7の倍数”の時は、「ボウズ!!! 」という掛け声で手と手を合わせた坊主のようなポーズをし、数える回りが反対になるのです。これを本気でやりました。本気です。
失敗した者は反省の意を込めて正座で終わるまで待機しました。

写真 1 (2)

次は顔トレです。2グループに分かれ、一方が指示を出し、それを受けて他方は応じた変顔情緒豊かな表情を演出します。写真はまぁ、各個人の名誉のためカットです。

続いては名前鬼です。要領は普通の鬼ごっこですが、鬼は捕まえるターゲットを決めたら変えられません。ターゲットになった人はその鬼に捕まる前に、他の鬼でない人の名前を叫べば、鬼がその指名された人になります。これを繰り返していく鬼ごっこです。これは誰がどこにいるかという空間認識能力が必要となり結構キツイです。

写真 4 (2)

最後はマリオネットというものです。これは1~5に対応したポーズがあり、指示を出す人がランダムにその数字を指示していくというものです。この指示というのが細かくて、数字を指示するときに同時に手を叩いてないといけないのです。手を叩いていなければ指示ではないので、そのままのポーズを維持です。まぁいわばフェイントですね。これがもう鬼畜で非常にこのマリオネットを大変なものにしています。

写真 3 (2)


まぁ、こんな感じでウォームアップは終え、今日からは本読みから立ち稽古に入りました。演技により一層細かい指導が入っていきます。

写真 3

写真


写真 4

また一方では、役作りのためにその役になりきってカードゲームをするという練習も行いました。カードゲームとはもちろん? 人狼です! なにやら本公演では人狼ブームがきそうですね(笑)

写真 2


さて、今日はここまでです。ここ最近は曇り模様、日は遮られていますがなかなかねちっこい暑さはなくなってはくれません(´・ω・`) はやく秋が来てほしいものです。(いや、夏公なしでは夏は終われませんね。)

ではでは、ガイア!!!
※がいあ:愛媛県の方言で「ものすごい」といったニュアンスのものです。今回の夏公の掛け声で作演さんの「ものすごいものをつくっていこうぜ」という想いが込められています。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL