さて、本日は1年佐藤慧介がお送りします。






―今日ご紹介するのはこの方です!
衣装チーフ、文学部2年の浜名育実です。(写真右側)

写真


―今日はよろしくお願いします。
よろしくお願いします。

―衣装というと、舞台上のキャストさんの衣装を製作したりするんですか?
いや、全然作らないですね。えーと、基本的に衣装は、経費削減でできればみんなから衣装を集めています。もしなければ、作るのもいいんだけど買っちゃいますね。でも今回は衣装を1着だけ作りました。

―その衣装は?
言っていいのかな~、えーと、観てのお楽しみですね(笑)

―ヒントありませんか?色とか形とか......
ヒント!? ヒント!? ......ヒント......テカテカしてますね。もしかしたら1人だけ目立っちゃう衣装が出ちゃうかな~と今少し心配だけど、うん、まぁ大丈夫です。

―じゃあ、1人だけテカテカしている人が今回作られた衣装ということですね。
ですね。

―キャストさんの衣装集めやときどきの製作以外にも何かお仕事はあるんですか?
あとは“暗幕”を吊っていますね。

―“暗幕”とは?
舞台上と舞台裏の仕切りになるものですね。

―それを衣装さんが吊るしているんですね。
はい。

―あー衣装さんは舞台自体の仕事もしているんですね。
うん、そっちの方がむしろ重労働で大変ですね。

―今回の公演でも暗幕を吊るすのが大変でしたか?
そうですね。見えないところだけど、頭は使いました。

―暗幕を吊るす位置なんかは舞台美術さんと相談を?
そうですね。でも、今回は舞台監督さんが中継ぎをしてくれたんで、私は言われた通りにやってました。

―他に今回大変だったところ、頑張ったところは?
今回は作演が同期だったので、衣装は私の意向を結構伝えました。

―じゃあそれが舞台上に反映されているんですね。
う~ん、ちょいちょい押し切ったところはあります。

―じゃあ今回の衣装は、テカテカした衣装のほかにも見所満載ですね。
そうですね。あっ、でもテカテカする衣装は作演の好みですね。私が好きなのは、怪盗アンサーの二人組の衣装ですね。

―では、今日はありがとうございました。
やった! ありがとうございました。





では、今日はここまで!
本番まであと4日!!! アンサー!!!



スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL