上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさんこんにちは

今回2013年度活劇工房新人公演

「成井豊作/サンタクロースが歌ってくれた」の

演出AZOこと山田英蔵です。




さてさて、時刻変わって12月14日

ついに初演の日付をむかえました。

あまりにも壮絶で波乱万丈な出来事がおきた今劇

前日の今日までもはや。これは沈没しかかってる船ではないのか

墜落寸前の低空飛行の飛行機ではないのかと

居ても立っても居られないほど窮地の気持ちでありましたが

本日の通し2回、そのあとのゲネというハードスケジュールが

大変うまいこといったなと、見事のりきった甲斐が大変あったなと感じました。

キャストもスタッフも回数を重ねるごとに融合しはじめ

劇の流れに対してそれぞれがうまく調和して

自分としても腑に落ちる部分にうまく着地したのではないかと思うほどに・・・!

この通しが三回というある意味で博打は成功したのではないでしょうか

濃霧から抜け出せたような感じですね。

あとはただただ皆の体調が悪くならないことを祈るばかりです。




それにしても11月から始まり本当にあっという間だったなと思います

苦労に苦労を重ね・・・あっとっと、まだ振り返るのはまだ早すぎますね

公演が無事終了するまで、最後の最後まで全力疾走でいくつもりです。

公演が終わった後、みんなはどんな顔をしてるんだろう!みんな最後まで頑張ろうね!




12/14、12/15両日ともに当日に予約無しでふらっと寄っても全くもって問題ないので

ぜひぜひ気が向いたらどうぞ明治大学地下アトリエまでよろしくお願いします!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。