此度駄筆を取らせて頂く四ヶ谷役の弓長です。稚拙な文章でお目汚しする無礼をお許し下さいませ。

稽古開始日から早1ヶ月近くが経過しつつあります。光陰矢の如し、時流流れる事川の如し。日に日に本格化していく様に、新人だけで公演をするという事実に身が引き締まる思いが致します



稽古に入る熱が増す度に、自省と模索に励む日々が続きます。恐らく共に舞台を立つ皆様も、己が役と真摯に向き合い、自らの演技に磨きをかけておいででしょう。その作業に没頭する度に、夏公演の時の先輩方の卓越した演技力、確かな鑑識眼への敬意がまた一つまた一つと募ります。見学に来て下さる先輩方の的確な指摘にまた脱帽する次第。


しかしそれに甘えていられぬのが新人公演。互いに互いを切磋琢磨しあい、未熟な力をより高い物にする努力を惜しむ訳にはいきません。作演の指導のみ甘えず、互いの未熟さ故の後ろめたさを抜きにしてキャスト勢は磨き合うべきでしょう。そこからきっと良き結束が産まれると信じてやみません。


筆を取らせて頂く名誉に甘んじる余り、徒然と駄文を書き連ねてしまいました。

駄文をこれにてとし、次の方の美文に花を添えたいと思います。


学部を共にし、机を並べる学友であり後藤役を勤めます高島彩恵子様に筆をお譲り申し上げます。


それでは、失礼致しました。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL