上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。劇団活劇工房一年の青ショウこと青木翔太です。今回がブログ初挑戦となります。少しばかり長くなりましょうがご一読よろしくお願いしますm(__)m

本ブログのタイトルは某アイドルグループの曲の一節から来ています。ちなみに僕は指原推しだったのですが、この前の総選挙では遂に一位を獲得!(パチパチ)てな訳で、活劇とはまったく関係ないですが今この場を借りて祝福のメッセージを贈りたいと思います。
おめでとう、指原!!

前置きが長くなってしまいましたが、そろそろ本題に入りたいと思います。つい先日、活劇では場当たり(舞台に出たりはけたりする時の動きを確認すること)があり、疲れが溜まっているのか途中で頭が痛くなってしまい大変でしたがなんとかこなせました。現在、活劇は公演を数日後に控え、小屋入りの真っ最中であります。朝の10時に練習が始まり夜の10時に練習が終わる。遊んでる暇はありません。勉強してる暇ももちろんございません。そう、我等活劇工房は遊びを棄て勉強を棄て(てるのは一部のメンバーだけ)日々練習に励んでいるのであります。単位?何それ??

別に活劇が忙しくて勉強してる暇がないことを歎いているのではありません。僕は高校時代、授業より部活に明け暮れていたのですが、授業が終わったあと、何か打ち込めるものがあると、すごく自分が生きてる感じがするというか、一つのことに熱中することで得られる充足感が芝居にはある、そんな気がします。
「大学で何か新しいことを始めたい」
「お芝居って面白そう」
軽い気持ちで始めた演劇ですが、始めてみて本当によかったと思います。べ、別に勉強が嫌だから勉強をしない口実にしてるとかそんなんじゃないですよ、いやマジで(汗)

確かに勉強の方は少し、いやかなりヤバイですけど、大学生活を演劇に捧げようと決意した以上、たとえ大人数英語が必修なのにもう一ヶ月以上出席してないオワタ\(^o^)/状態になろうとも(実話)、ロシア語の予習すっぽかしまくって全然分からなくなって友達の助けを借りざるを得ない状況に追い込まれようとも(これも実話)、お芝居を末長く続けていくつもりでいます。

長くなってしまいましたがそろそろ次の人にバトンタッチしたいと思います。僕の次にブログを担当するのは、今回の公演で衣装を担当している小林千尋さんです。千尋さんは僕と同じ文学部文学科日本文学専攻なんですよ!ポケモン好きという点も共通してますし(笑)

長い上に拙い文章でしたが最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。読んで下さった皆様に幸あれ。です。

それでは、またお会いしましょう。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。