こんばんは。今回音響操作を担当している栗田と申します。

3ステージが終了いたしました。ご観劇して下さった皆様ありがとうございます。
疲れも出てくる頃ですが、それにも負けずに活動している次第です。

私からは、公演当日の裏側について、少しだけお話しさせていただきます。

開演2時間前、制作さんが集合し、掃除や客席準備など、お客様を迎える準備を始めます。

そのあとに、全員が集まり、御神酒を行い、会場を清めます。
各部署から一名ずつのコメントのあとに、「お願いします!」と元気な声が響きます。

御神酒後から楽屋入りまでの時間は、役者の着替え&テンション上げが行われます。
アップテンポな曲に合わせて、歌ったり跳ねたり、過去には脱ぎだす人もいたとか・・?

開演40分前、役者さんが楽屋入りします。制作さんが持ち場につきます。
受付や会場に向かう通路、会場の中にいるのが制作さんです。

開演30分前に開場します。私は客席の後ろにあるブースといわれる場所にいるのですが、お客様の姿が見えると緊張します。

頃合いをみて、楽屋にいる役者さんに「よろしくおねがいします。」とあいさつに行きます。そこには独特の空気が流れています。
もちろん、ブースに戻ったら隣に座る照明さんにもあいさつします!

制作さんの合図で開演です!

本番で、役者と照明と音響のタイミングがあった時のうれしさと言ったら、言葉にできないです!

終演したら、役者は急いで受付のほうへ向かいます。なぜか?
それは、来場して下さったお客様をお見送りするためです!!

お見送りのあとは、全員集まって制作報告を聞きます。
観客数の発表はドキドキです。

皆様に書いていただいているアンケートは、すぐに役者の手に渡ります。
お褒めの言葉も、お叱りの言葉も、しっかり届いております。

演出さんから役者さんへ、ダメだしが行われ、確認のために稽古をすることもあります。

以上が当日の一例です。皆様に、少しでも裏側に思いをよせていただけたら、光栄です。

公演も残り2ステージとなりました。
まだご覧になっていない方、もう一度ご覧になりたい方、ぜひおいでください!!

役者スタッフ一同、お待ち申し上げております。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL