上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の春公演をご覧になった方もそうでない方も、このブログをご覧いただきありがとうございます。
お初にお目にかかります。4年の山下と申します。

活劇工房では、基本的に本公演参加は1・2年の間なのですが、3・4年になっても企画公演や卒業公演などをうつ機会がございます。

例えば私は只今、来る5月25日より3日間行われる、男二人による企画公演のサポートスタッフを務めております。

本日は、その公演のご紹介を。

今作品は、普段の活劇工房のお芝居とは違うテイストの、言わば静かな作品です。

脚本・演出を務める菅原風赴(3年)の世界観を前面に押し出し、彼とはまた異なる性質を持つ熊谷智哉(2年)をそこに掛け合わせることで、

いびつな、でもどこか似通う二人の男の、独特な空気感が出来てきました。

静かだけれど、確実に過ぎゆく時間と変わりゆく感情が存在する、1時間の舞台空間。

初夏の薫り漂うこの季節この機会に、ちょっぴり涼しげな地下アトリエにて、貴方の時間を少しだけ下さい。


以下詳細でございます。



■劇団活劇工房 企画公演
二人芝居『冬眠できない羆は、どこで憩うか』
2012年5月25日-27日


【おはなし】
2012年2月 日本のとある北国。

昨年秋頃からたびたび市街地に現れるようになった羆は冬眠をせず、活動を続けていた。

地元警察と猟友会主導で大規模な山狩りが実施されるその直前、一人の男が単身カメラを持ち羆のいる雪山に潜った。

そして、その山の一軒の小屋から、外を眺める男が一人。

これは二人の“みる”男のおはなし。


【日程】
5月25日(金)19:00
5月26日(土)14:00/19:00
5月27日(日)14:00/19:00

※予約不要・入場無料
※開場は開演の30分前でございます。

【会場】
明治大学和泉校舎第二学生会館地下アトリエ
(京王線・京王井の頭線「明大前」駅より徒歩8分)


【お問い合わせ】
080-3392-3600(制作・山口)
atsuyam1515@gmail.com

CoRich公演ページはこちら
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=35655



もし、ご興味を持たれた方いらっしゃいましたら、ご一報だけでも頂けますと幸いでございます。


皆さまどうぞ、宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。