でも無理ぽ。

まぁなんにせよ新人公演終わりました。
お疲れ様でした!
そして本当にありがとうございました。

寂しいですね。
でも肩の荷が下りてほっともしています。
プロット会議が始まってから今日まで、あっという間でしたが本当に楽しかったです。

まぁ、ぶっちゃけた話をすると……うん、脚本・演出という作業はとても大変でした(笑)

でもそれは皆楽な思いでこの舞台を作りあげた訳じゃないからそれこそ当然のことで、きっと僕だけが特別ということではないと思います。

むしろ経験のほとんどない演出のせいでストレスを溜め込んでいたのはキャストやスタッフの皆のほうだったのかも(苦笑) ごめんね!

演出としてはその時々の練習で大変な思いはあったけど、なによりもまずこの舞台が上手くいかなかったらという不安が大きかったです。

だから、皆にとっては挨拶程度の言葉だったのかもしれないけど、宮古で「楽しかった」という声が聞けたときはほっとするのと同時に凄い嬉しかったです。

そんな訳だから今一番思い浮かぶのはやっぱり感謝の言葉な訳なのです。

二回目にはなってしまうけど、本当に楽しかったし、皆に支えられながらこの舞台を作っているのは今思ってとかじゃなくて、練習しているその瞬間にひしひしと感じていました。

本当にありがとうございました!

よっしゃああああ!
次の公演がんばろう!!




そして最後になってしまいましたが、先輩方をはじめとしてこの公演に色々な形でご協力して下さった方々、お客様、新人公演ということで足りない部分もあったと思いますが、本当にございました!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL