どうも皆さん!制作の杉田です!
いやー今回のこの春公演も無事に4ステージ目を迎えました。とうとうこのインタビューもこれで最後です!一番最後のお相手はこの人!この春公演でもっとも重要なお方です!

※インタビュアー 杉田 順

まず最初に自己紹介をお願いします!

ー3年の文学部文学科演劇学専攻の山本悠です。

いつも通り今回の役柄…と行きたいところですが…(笑)
今回の役割をお願いします!

ーそりゃあもう、脚本・演出です。てっぺんですよ。

では作演さんから見た、今回の舞台の見どころを教えてください。

ー全部でしょ。

(笑)じゃあ、特にここは頑張ったなーてところはありますか?

ー頑張ってないもんわたし、楽しんでるもん。

僕が聞きたいのは見どころなんですよーおねがいしますよー。

ー言葉にするのが苦手だからどう言えばいいのかわからないけど…
今回の劇って非現実なところがあるんだけど、そんな中のも共感できる部分「あーいるいる」「あるある」ってところがあるかな。
あと、この劇の中にはもちろん私考えるテーマがあって、それを直接指し示すような台詞は出てこないんだけど、全体をみるとそれが伝わるんじゃないかな。
そして何よりも、演出を頑張った!自分のやりたいこと、好きなものを詰め込んだ!私の世界って感じ。

結局全部なんですね(笑)
次は劇のタイトルにちなんだ公演独自の質問です。
誰かのせいにしたいことはありますか?

ーその質問の「誰か」って自分も入ると思うんだよね。私は結構なネガティブ人間だから大抵のことを自分のせいにしちゃうのね。
だから、結局「誰かのせいにする」っていう意識を持っていると悲しくなっちゃうから。
例えば「失敗したなぁ」って思ったときは「今日」のせいにしたりしてる。人間に対して転嫁すると自分自身も相手も嫌な気持ちになるから…。
私稽古中にも「みんな調子悪いねー、雨のせいだからか」とかよく言ってるじゃん?

確かに聞き覚えがありますね。
何言ってんだこの人、って思ってました。

ー(笑)でもね、雨のせいにするのっていいよ!誰も損しないから!

じゃ、最後に一言、どうぞ。

ー絶対に損はさせないので見にきてくださーい。
スポンサーサイト

| main | next »