本日は佐藤慧介がお送りいたします。いろいろと手違いがありましてかなり深夜の更新失礼いたしますm(_ _)m

今日はなんと新しい基礎練が導入されました!!!
その名も“北川謙二”です。
まぁ詳しく説明すると、チェイス(ダンスシーン)に向けてダンスのキレを良くするために日頃からダンスの練習をしようというものです。その教材としてNMB48の『北川謙二』を今後稽古前に踊っていくことになったのです!

写真 2 (2)

写真 3 (2)

写真 1 (2)
この日のために準備をしてきた研一さんはぐったりです。

今後の活劇のダンスがどのように進化していくのかもお楽しみに!


そして本日もキャストインタビューをお送りします!




―今日ご紹介するのはこの方です!
活劇の、情報コミニケーション学部、保木 遥祐(ほき ようすけ)です。よろしくお願いします。

―よろしくお願いします。

実は二年生です。

―なんとねぇ~半年の間2年生である事実を隠し通したという......同じ1年生であるかのように振る舞って!!!
いやいや気持ちは1年生だから。

―まぁ、活劇の同じ新入生ということですからね。ちなみに出身地は?
出身は東京です。

写真 (1)

―では、本題の質問に入ります。今回の作品ではどのような役を演じられるのでしょうか?
う~ん、みんなのまとめ役で、しっかりしたキャラクターですね。

―しっかり者のまとめ役......
真面目なキャラクターね。

―現実(の保木君の性格)と比べてどうなんでしょうねwww
そんなに真面目じゃないように見えますかねぇ?

―まぁなんかチャラついているような感じが......
それは見た目だけだよ(笑) いやなんか思ったのは、自分のまじめな感じの役と一輝(今回のキャストの一人)が演じているおちゃらけた感じの役が結構性格が出ているのではないかとな、と思って。俺は結構いい加減なんですけど、なんて言うんだろうな、こう真面目ぶりたいところがあるというか、そういう風に見せたいところがあるので、そういう所がなんだろう似ているというか、まぁちょっと一緒のところがあるんじゃないかなと思いますね。

―ほう、真面目ぶりたいと。

写真 2

―ちなみに、他にサークルなんかは入っているんですか?
そうですね。放送研究会さん、そこは1年生から入っていて、もう一個は情報コミュニケーション学部で生徒会みたいなものがあって、ゼミナール協議会っていうんですけど、そこに入っています。

―そこでもまとめ役を発揮しているんですか?
あぁ、そうですね。他にあんまりまとめてくれる人がいないんで、そうなんかスポーツ大会とかを1、2年生でやっているんですけど、いろいろ書類書いたりみんなを大会当日に誘導したりなんかをやっていました。

―おぉ、それが今回の役にも生かされているんですねぇ。
だといいですね。

―是非とも本番の演技で、保木君が全体を纏められているのか、注目のところです!

写真 1

―では、続いての質問として、今回家族がテーマの作品ですが、何か家族でのエピソードはありますか?
家族でのエピソード......広いなぁ~。う~ん、僕、母親と仲良くて、4人家族なんですけど姉貴と仲が悪いんですよ。ずっと。で、父親は姉貴と仲良くて、だから最近まで父親とも話してなかったんですけど、最近ちょっと身内のお葬式があって、そん時に久しぶりに父親と真面目なやり取りをしたのが、最近の印象に残っているエピソードですね。

―えっ、いつから話していないんですか?
う~ん、(父親とは)なんか事務的な話があればときどきあるけど、ほんと普通に会話らしい会話は中学校3年生くらいから高校は一切なく.......姉とは会話しないですね。最近父親とは、4年ぶりくらいかな、まともな会話をしたなぁ~と。

― 一人暮らし?
いや、親と一緒です。

―それでずっと無会話って......いやぁ~そうですか。なんか聞きづらいところに行っちゃいましたね。
(笑)他の事にしよっか。う~んとね、なんだろう......母親とは仲良いんだけど、母親はねぇ......ガキの頃、俺が幼稚園の頃に、動物園行って(俺が)迷子になっちゃってそれを母親がすごい病気で熱があったんだけど、めっちゃ必死に探してくれて何とか見つかって、でもなんかそのせいで母親がヘルニアという病気を患ってしまい、こう負い目というか、負い目と同時に有難さみたいなものを母親に対してはずっと感じてるんで、母親にはマジで感謝しかないですね。

―今回の公演なんかも見に来られたりは?
えぇ~!!?? 恥ずかしいもんなんか。

―いやいや成長した姿を魅せたりは?
(笑)考えておきます。

―じゃあ最後に来られるお客様へ、お母様も含めて、一言お願いします。
えぇ~......そうですね、サークルで、公演で、自分の演技をするのは初めてなので、自分のできる限りを出して、観ているお客さんを楽しませられるように頑張りたいと思います。

―今日はありがとうございました。
こんなんですいません。




今日はここまで。
なんだか願ったりかなったりですが、涼しくなりましたねぇ~。この涼しさが続いてくれたらうれしい限りです。
さぁ、自分はもうGo to bedです。ひさびさにかなり瞼が重いです(笑)

ではでは、
もうすぐ9月、夏公近づく!!! ガイア!!!









スポンサーサイト

| main | next »