こんばんは!制作の佐藤優です。
折り返し地点、2日目が終演しました。
本日ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

明日で千秋楽を迎えるこの企画公演、キャストインタビューは全員が終了……しているのですが、皆様この方をお忘れではないでしょうか?!?!

ということで参ります!最後のインタビューはこの方だ!!


2016102302224185a.jpeg


-自己紹介をお願いします!
法学部法律学科3年の佐藤慧介と申します。今回、脚本と演出を務めさせていただきました。

-今回脚本演出(以下作演と表記)をやってみていかがでしたか?
死にたいです(即答)

-(笑)大変でしたか?
いろいろとやらかしまして、迷惑をかけました。
去年作演をやった時と全然成長してないなーと思います。
行動一つ一つ反省してます(笑)

-そんなに?!大変だったこと、言える範囲でいいのでお願いします。
今回の劇は、分かりやすい山場みたいなところがほとんどなくて、それ故に役者の動きをつけるのが非常に難しかったです。
うまくつけることができなくて、ほとんど役者に任せる形になってしまったような気がします。
出したい雰囲気、空気感はあるのにそこまでどうやって導いていったらいいか分からなかったんです……

-……この流れからあえて聞きます。今回の劇の見てほしいところは?!
この流れで?!……さっきも言ったと思うんですけど、今回はいつもの活劇とは違った雰囲気の劇なんですよ。
というのは、役者自身が役と向き合って真剣に演技をしているというか。
今までの活劇の公演は楽しい雰囲気でエンターテイメント性のある劇が多かったんです。
今回はそういった雰囲気ではなく、登場人物の息遣いとか空気感とかを大切にして演出をつけ、作品を作ってきたので、それが観て感じ取れたらいいな、という気持ちがあります。

-続いて、公演の独自の質問、あなたが知っている奇譚を教えてください!
普段京王線をよく使うんですけど、帰り道、乗り換えの駅でなぜかダルマを持った男の人がいて、ただただ立ち尽くしてるだけで何やってるんだろう、っていうことがありました。
不思議な人がいるもんだなあ(笑)

-いるんですねえ(笑)最後の質問になります、皆様に向かって一言お願いします!
今回の作品は、自分の好きなものを詰め込んでしまったような作品なんですけど、自分としては今ここで坂口安吾の『堕落論』を原案にして一本書くべきだな、と思って書いたところがありまして。
ある程度傷を残せるようなものを作る、というのを自分が作品を作る時のポリシーとして持っているんです。
なので、これを見て現実世界と照らし合わせたり、そうすることで何か考えたりするようなきっかけの作品になったら、もう本当に、書き手冥利に尽きます。

(インタビュー、文字起こし:佐藤優)


ちなみに、男性が持っていたダルマはちゃんと目が描いてあったそうです(笑)

今回の作演を務めた彼は私にとって制作部の同期!2度目の作演とはいえ、こうして一緒に関われていることがとても嬉しいです!
ですが当公演、日曜日で終演してしまいます……
23日14:00、18:00の回共に残席数僅かです!18:00の回には少しだけ余裕がございます!

キャスト、作演と共に最後まで全力で駆け抜けていきたいと思いますので、少しでも多くの方に見届けていただきたいです!
ご来場お待ちしております!!
スポンサーサイト
お久しぶり…でもないですね。1回ぶりです。制作部2年の川田です。
今日は本番2日目!2日目以降は1日2ステのハードスケジュールですが、座組一同全力で駆け抜けて行きたいですね。

さて、本日のインタビューのお相手はついに今回の劇の主役です!



-よろしくお願いします!

お願いします。

-まず自己紹介を学部学年共にお願いします!

法学部法律学科3年の鈴木尊也です。好きな芸能人は石川恋ちゃんです!ビリギャルの表紙の子です。

-なんで好きなの?

可愛いから!

-直球(笑)
では、今回の役柄について教えてください!

ガンダムで例えると…テム・レイかな。

-誰⁉︎(笑)

主人公のアムロ君のお父さんで、ちょっとオタクっぽくて、頭が良すぎて狂っちゃうみたいなキャラクターです。

それとヘビースモーカーなんです。まぁ時代的には皆ヘビースモーカーなんですけどね。

-そうなんですか?

医者が推奨していたらしいですよー。

-今の所、頭が良すぎて狂いがちなヘビースモーカーだけど大丈夫?(笑)

いや、それは…(笑)
別に悪い人じゃないんですよ!でも思い込みが激しくてちょっとイっちゃってるなぁみたいな…(笑)
あとシスコンでもあるんですけど、その根底には凄い自尊心があるみたいな…

-なるほど…
次は、今回の劇の見どころについて!

今までのような物語チックな、感情が溢れるようなお芝居ではない、捻くれてるお芝居です。なので、そういう人間の汚い部分というか、人間の根底にあるどす黒いものを感じて吐き気を催してもらえたらと思います(笑)

-制作の方でエチケット袋を用意しなければ…(笑)
さて、次の質問です。今回の劇のタイトルにある「奇譚」とは珍しい話、不思議な物語という意味だそうですが、あなたが知っている奇譚を教えてください!

今までにはどんなものが…?

-過去には幽霊とかトトロとか、コーヒーが降ってきた話とか…(笑)

なら…実際に経験したたまに起こる不思議な話を。
ある夜に凄い疲れてたんですけど、しっかり寝る準備をして、目覚まし時計もセットしてから寝たんですけど…
気付いたら既に太陽が西にいるんですよ…

-(笑)

目覚まし時計もちゃんとかけたのにおかしいなぁと…

-何時にセットしてたんですか?

9時とか10時とか、授業に間に合うようにセットしてましたね。

-平日かよ!(笑)

気付いたら授業も何もかも終わってて、不思議だなぁと…

-結構頻繁に起こるんですか?

まぁ週に何回かは…(笑)

-(笑)最後に一言どうぞ!

僕の演技上手いんで観に来てくださーい。

インタビュアー:岡崎菜月
文字起こし:川田俊介


鈴木尊也(たかや)さんでした!
地元は山形の彼は学校近くで一人暮らしをしているのですが、そこが同期男子の溜まり場になってるとかなってないとか…(笑)

本人も言っていますが、彼のうまーーい演技をご覧になりたい方はぜひ会場へ!

次回は最終回、一番重要なあの人の出番!
こんばんはー!制作の文学部3年佐藤優です!
物凄く久々のブログ登場になります……!なんだかなつかしいです。
日付は変わってしまいましたが、21日に無事初日を迎えることができました。
早速多くの方々にご来場いただき、企画に関わる一員としてとても嬉しく思います!

今回は私に制作の仕事を教えてくださった大先輩にインタビューをしてきました!!
当公演におけるヒロイン的人物を演じるこの方です!

20161022013545a31.jpeg

右から2番目、紺色のTシャツを着た女性です!


-まずは自己紹介をお願いします!
文学部心理社会学科臨床心理学専攻4年の岡崎菜月です!よろしくお願いします。

-よろしくお願いします!早速ですが、今回の役柄について紹介してください。
今回の役は坂口キクといいまして、主人公の坂口くんの妹で、常に人の2、3歩後ろを歩いているようなおしとやかな感じの女の子です。

-なるほど!話を聞く限りだと旧時代的な女性なんでしょうか?
そうです!結構大人しくて、空き時間に読書をしていそうな感じの女の人です(笑)

-今回の役の見どころ、頑張ったところはありますか?
一番頑張ったところはネタバレになってしまうのであんまり言えないんだけど……!
セリフがないのに舞台にいる時です!表情や仕草、行動でキクらしさが出るように頑張っているつもりなので、そこに注目してもらいたいです。

-ちなみに、一番大変だったことって……?
共演者の中で4年生が私しかいないことです(笑)
2年生の時に自分以外皆先輩、という公演に参加したことがあって、その時もなかなか大変だったんですけど、いざ自分が4年生になってみるとその時の先輩方の気持ちが分かりました……

-続いて公演独自の質問です!公演のタイトルにもある「奇譚」というのが不思議な物語、という意味だそうなんですが、不思議だなと思った話、エピソードはありますか?
誰かが言ってた話になってしまうんですが、何の得にもならないのに演劇をやっているところです……

-何の得にもならないのに?!
中学生の時に演劇部に所属してたんですけど、高校は違う部活に入ってて。
そこからいざ大学に入ったら、演劇したいなあってうずうずしてしまって!
活劇の人も、どんなにキツくても次々と公演に関わっていく人が多いので、一種の禁断症状が出たのかもしれないです(笑)

-やればやるほどハマって、なくなると寂しい感じ、私もなんとなくわかります……
最後になりますが、皆様に一言お願いします!
いよいよ21日から始まります!楽しい気持ちになるような劇ではないかもしれませんが、いろいろな解釈、見方ができる劇になっていると思うので、何かを皆様に与えられる70分になったらいいなと思います!


(インタビュアー、文字起こし:佐藤優)


菜月さん演じるキクは劇中で心中という道を選びます。
キクはどうして心中をするに至ったのか、それをぜひ皆様の目で直接確かめていただきたいです!
私は理解はできないけれど納得できるような、まさしく不思議な気持ちになりました。

土曜、日曜共に14:00の公演は残席が少なくなっております!!
18:00の公演は比較的余裕がございますので、予約してからのご来場をお勧めいたします!
劇団員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしています!


次のインタビューは待ちに待ったあの人が登場する……かも?!

こんばんはー!制作の川田ですー。

今日は本番2日前なんですよね…でも明日はゲネ、本番1日前みたいなものです。ゲネも本番!

実は僕はまだ一度も今回の劇の通しを観たことがなくてですね…明日のゲネで観ようかなぁとか考えてるので楽しみです\(^o^)/

キャストインタビューも5人目後半戦ですね。
本日はこの人ですよーー!


手前で眠りこけてる方!!

-よろしくお願いします!

よろしくお願いいたしますどうもこんばんわ~私でございま~す。はいどうもイェイ!

-(笑)ではまずは自己紹介を学部学年ともにお願いします!

政治経済学部経済学科1年の糟谷一輝でーす!
いやーまだピッチピチの1年生なんですけどねー!役者はまだ2回目なのかな?

-そうなんですねー!
でも私、後輩に敬語使った覚えないんですけど…?

ちょーーっと大物感が隠せてないのかなこれは?このパーカーでは隠せなかったみたいだね!

-そうかもしれないですねー!
……はい、もう大丈夫ですか?

いいですよもう(笑)満足したんで(笑)

-(笑)「3年」の糟谷一輝先輩です!よろしくお願いしまーす!

お願いします!

-さて、今回はどういった役柄なのでしょうか?

私、津島治という役をやらせていただいております!これはですね、実は太宰治の本名をもじってるとか。

-そうなんですか!

まぁよく知らないんですけどね(笑)演出からそんな事を言われまして、へぇー太宰さんなんだーって思ってるんですけど、実際太宰っぽさは全然ないですね。
まぁ太宰っぽい太宰とは何なんだって話なんですけどね(笑)僕も太宰治に詳しいってわけでもないので…
まぁ、そうですね、太宰っぽいって感じではないけど、そういうイメージの役らしいんですよ!

で、この役は今作のヒロインのキクちゃんの婚約者なんですね。一部の部分を除けば至ってふつーーの人ですよ。
…どこまで言っていいものなのかね(笑)

-では、ふわっとお願いします(笑)

ふわっとね(笑)
彼はね、とってもマイルドだね。今まで自分がやってきた役が「三股かけてる高校生」とか「サンタクロース」とか「神様」だったりとか、はたまた「狼」になってみたりとかしてたのね。結構パンチの効いた非人間的なものが多くて…(笑)
他には「チャラ男」をやったりとか自分の人物像とはかけ離れたようなものをやらされることが多いんですよ!

-そうなんですか…(笑)

ある意味では普通の、自分に近いキャラクターなんですね津島くんは。普通の中に垣間見える何かがあるんだけど、ぱっと見普通の人の役をやるのはもしかしたら割と初めてに近いのかなって思ってるね。

だから逆に苦労してるよね(笑)
今までは飛び道具的な、出たらとりあえず客を笑わせなきゃいけない!みたいな義務感を背負ってやってきたから、今回はほんと、つまんねーよ俺⁉︎笑いとが一個も起こんないよ?すげーまともに喋っちゃってるし、逆に小っ恥ずかしいよ!って感じです(笑)

-あぁー…(笑)

だから最近はそういう系の芝居を多く観に行ってるよ。こう言っちゃ何だけど、ボソボソ喋ってる系のナチュラルな芝居っていうか。
だからもし昔に僕の芝居を観たことがある人が居たらびっくりするじゃないかなって思います!

-知らない一輝さんがいる!!みたいな。

変な奴…じゃない!普通だなぁ?あいつつまんな…あっ元々か!ってなるはず(笑)

-あっ…(笑)
一輝さん的には今回の役は難しいですか?

そうだねー。この芝居自体の雰囲気が、極限までナチュラルに、時代の空気感を出すように作られてる芝居だから、現代人の僕らがそのまま喋っちゃうとちょっとクサいんだよね。台詞自体が。
まぁそれは脚本の質もあるんだけど、台詞自体がかなりクサいから、それをクサく読んじゃうともうクサくてクサくてしょうがないわけよ!(笑)
だからそれをいかにクサくなく、綺麗に言うかっていうのは恐らく全員の課題だし。まぁそれに津島はね、こう言っちゃ何だけど歯の浮くような台詞がねあるからね(笑)

-あーありますねー(笑)

今まで3枚目みたいな役ばっかりやってきたからそういうのが来るのは怖いよね。変な感じですよ。

女の子と顔を合わせて薄ら笑いを浮かべてさ、ニコってしながら喋るのって嫌だよ!
「イッヒェヒェヒェヒェ!!」みたいな笑いじゃなくて「フッ…」って笑いだからね!!
あと2週間くらいで自分のもとに落ちてくればいいんだけど、まだ喉元で引っかかってる感じだね…そんな具合でございます!

-では次の質問です!今回の劇の見どころは何ですか?

見どころ!こう言ったらあれだけど、徹底的にエンタメ感・コメディ感を排除したところなんじゃない?
こういうのは非常に難しいと思うし、地の力で勝負していくっていうかね。
お客さんと一緒に盛り上がってくみたいなことができないから、その分のこちらのカロリー消費というか、そういうのは激しいと思う。これから脚本も洗練されてくると思うし、それと同時に役者ももう少しそこにフィットさせていかないと厳しいのかな…
まぁなんというか、人間臭さ?そういう人間臭ーいところが魅力っちゃ魅力です。

-ほーう、なるほど!
ところで、タイトルにある「奇譚」とは珍しい話、不思議な物語という意味だそうですが、あなたが知っている奇譚があれば教えて欲しいです!

あ、じゃあ自分の話でもいいですか?
奇譚というよりはびっくりした話なんですけど、つい先日、仕事が終わらなくて徹夜をしまして…次の日の朝が早くて、じゃあ寝ないで行こう!と思ってシャワーを浴びたんですよ。

それで30分くらい暇ができたので、ソファーでゴロゴロしてたんですよ。
その時、僕は多分意識が落ちてたんですよ!寝落ちではなく。だから僕は覚えてないんですけど、母親から聞いた話なんです。実家暮らしなので。
僕が突然ソファーのクッションを掴んだと思ったら、立ち上がってゴミ箱に向かい、そのクッションをゴミ箱にバンッ!て投げつけたらしくて(笑)
それにびっくりして駆けつけた母親をじっと2分くらい睨んで、ソファーに戻って行ったらしいんですよ…

-えっ、怖い!こわっ!!

ちょうど仕事が立て込んでた時期で体力的にも辛くて、相当疲れてたと思うんですね。
人間の底ってここなんだな…ってところにはびっくりしたよね…
それを一切自覚できていないのが本当に怖かった!

-うわー…疲れてたんですね…

母親も身の危険を感じたって(笑)

-息子に2分睨まれたらそれは怖いなぁ…(笑)
なぜクッションなのかもわからないですし…

手近にあったからなのかな…多分ストレスが溜まってたんですよ…(笑)思いっきり燃えるゴミにドンしたらしいですよ。
人間ってわからないものですよね…
って、奇譚ってこういうので大丈夫なんですかね?(笑)

-幅広くとってますんで!

じゃあもう一つくらい奇譚を話しておこうかな!奇譚って呼べるかはわからないけど。

高校時代に家族に呼ばれていたあだ名があってね、それが「ダイソン」だったの。
というのもね、僕は食事のスピードが異様に早いんですよ。一番早いのは麺類。
ある日食卓にうどんが出たんですね。その時に、僕だけうどんをすする時の音が別物だぞって言われて…一般的には「ズゾゾゾゾッ」って感じだと思うんですけど、僕は「ゾババババッ」って音らしいんですよ(笑)

-どんななんですかそれ(笑)

うどんをすする時って少し汁も飛ぶじゃん?その飛び散る汁すらも吸い取ってたらしくて。僕は全然自覚ないんですけど…(笑)

-またご家族から指摘されましたね(笑)

またもや自覚がないっていうね…(笑)
それから麺類を食べる時には音とかに気をつけるようにしたんだ。
でも一月前かな、○亀製麺さんに行って普通にうどんを食べてたんですよ。
その日は授業がギリギリで急いでたんですね。急ぐぞ!って思って食べたら、注意を忘れたわけですね。

その注意を怠った瞬間ゾババッってなったんでしょうね。2個隣のおばさんが凄いこっち見てましたよ…(笑)

-あいつすげぇな…みたいな。

すげーこっち見てた。僕のおばあちゃんくらいのひとがすっげーこっち見てた。なんかずっと見られてた!

-ダイソンじゃんあいつって思われてたかもですね(笑)

おばあちゃんにダイソンじゃんって思われてたら流石にショックだよ…(笑)
昨日もさ、同期と一緒に松屋行った時に、俺は連絡事項があったから先に食べててもらったのね。半分くらいになった頃に俺も食べ始めたけど、俺の方が早かったからね。俺のカレーの方が早かったからね。(笑)

-それは、胃に悪そうですね…しっかり噛んでますか?

No!!
噛む癖がないんだよね。そのまま直通で吸い込んじゃうみたいな。

-それこそ本当に掃除機ですよ!(笑)

だから麺類とかもそのまま飲み込んじゃって、胃の中にラーメンがそのまま移動してるみたいなもんよ。最早テレポートしてるよ。

-テレポート…(笑)
では、最後に何か一言お願いします!

…どっちがいいですか?真面目な方かウェーーイな方か!

-どちらでも大丈夫ですけど…面白い方で(笑)

うっわーそういう振り苦手なんだよな…

-自分で言ったんじゃないですか!

真面目な方かウェーーイな方かしか言ってないよ!面白いなんて一言も言ってないよー!

…今回の劇ってさ、見方によってはつまんないんだよね!だから「歴史劇か!よし!」みたいに意気込むんじゃなくて、「あー1時間暇だなぁ…暇つぶしに見るかぁ」くらいの気分で観に来て欲しい!
言いたいことはシンプルなんだ!だから皆さんリラックスして欲しい!
歴史劇ってことで固くなりがちだから、柔らかくやっていきたいです…
まぁつまり、肩肘張らずにリラックスして観に来て下さいってことです!

インタビュアー:安井萌
文字起こし:川田俊介


ありがとうございました!
こちら糟谷一輝さん、インタビュー時間はなんと22分!!本当に色々なことを話してくれました…ありがとうございます。
今回は彼もあまり経験がないような役に挑戦するとのことですので、期待が高まりますね(`・ω・´)

爽やか好青年が劇場で待ってるぞ!


どうもです。制作2年の川田です。

昨日の悪天候とは打って変わり、本日は大変良い天気でしたね!今日は場当たりがあったので、天気が回復して嬉しいです。もちろん場当たり屋内で行われるので天気は関係ないんですけどね(笑)
この天気が本番まで続いてくれることを祈るばかりです…!

さて、今日は4人目、この人です!



-よろしくお願いします!

うっす。

-まず自己紹介を学部学年ともにどうぞ!

文学部2年の三原広夢です。お願いします。

-今回はどういった役なんでしょう?

-お父さんです。厳しめのお父さんです。なんか、はい、そんな感じです。

-そんな感じ…(笑)

まだちょっと台詞が少ないんでどんなキャラか掴めないっていうか。

-そ、そうなんですか…
にしても、お父さん役って珍しいね。今までやったことない?

ないね。

-だよね、そういうキャラじゃないよねー。

いや、俺は基本的に怒鳴るか…何かするかしかないので…

-え、そんなだっけ?(笑)

基本的に大きな声を出すことしかしてないので、はい(笑)
たまにはね、しっとりした役がやりたいね。

-本当に今までと違うこととかないんですか?

予想以上に台詞が少ないことですかね。

-おう…なるほど…

台詞を倍にしてくれてもいいのに(笑)

-(笑)では今回の劇の見どころ!見どころはなんですか?

それはもちろん、音響のブースの出来が素晴らしいことですね。

-ほう…!劇の内容じゃない気もするが話は聞こう!何が変わったんですか?

説明が難しいけど…底を頑張って上げました。

-…??

あと少しだけ頑丈になりました。

-なるほど…じゃあ、お客様にはぜひともブースも見てもらいたいですね(笑)
ところで!今回のタイトルにもある奇譚とは、珍しい話、不思議な物語という意味だそうですが、あなたが知っている奇譚を教えて下さい!

ないです(即答)。

-なんか捻り出して下さい!

トトロ。

-…………はっ?

トトロです。

-…あ、そういう!!不思議な話ね!!
じ、ジブリ好きなんですか?

いや、別にそんなでも…
でも珍しい話とかないもん。質問難しくない?

-それはね、私も思ったよー…でも頑張って欲しいな!丸投げで申し訳ないです…

トトロ不思議だと思うけどなぁ。

-まさか既成の奇譚が来るとは…(笑)
じゃあ最後に一言どうぞ!

がんばりまーす。


インタビュアー:安井萌
文字起こし:川田俊介

ありがとうございます!三原広夢くんでした。
個性的なインタビューを繰り広げた彼は、今回でなんと6回目のキャスト!僕ら2年生の中で最多の出演だったりします。
一部、3年生の喜友名朝陽さんがインタビュー相手になっておりましたが…(笑)
2人とも音響班なので仲が良いんですなぁ…

それでは、また次回お会いしましょう!

| main | next »