おはようございます!制作2年の川田です

更新が遅れてしまい申し訳ありません…
昨日、無事に1ステ目が終了しました!色々と課題もありましたが、それを踏まえ今日からの残りの公演に繋げて行きます。
しかも今日からは1日2公演…!頑張れ!!

さて、今回のインタビューのお相手は役者さんではありません。でも忘れてはいけない人。

それはもちろん…脚本・演出のこの人!!


髪の先は緑色ですが熱心に演技指導をしている時の1枚。

ーよろしくお願いしまーす
よろしくお願いします!

ーまずは自己紹介からお願いします
文学部文学科演劇学専攻2年の安井萌でーす。
作演やってます。いえーーい!

>1年生たち「「いえーーーい!!」」

ー毎回インタビューやってて思うけど、自己紹介の後にいえーーいが入ること多いですね!
静かだと寂しくない?だいじだいじ。

ー今回の役柄…とかは演出さんには聞けないから、今回の劇の見どころからいきましょうか
わちゃわちゃ感?というか、全体的に劇がノンストップで流れがあるから目が離せないです。どんどん展開して行って、あと伏線が前半に色々張られていて、それが回収されていくのも楽しんで頂けたらなって思います!
あと、女の子が可愛いです!!男の子もかっこいいです!!大事です、そこ大事です。

いやね、今回の役者がほぼ1年生なんだけど、1年生が可愛すぎて辛くてですね私は。後輩って可愛いねほんとに!わかる?わかる?

ーはいはいわかるわかる
はいはいじゃねーよ!ノれよ!!

ー1年生のどんなところが可愛いですか?
今回ラブコメじゃん?ラブでコメディなんですよ。ラブがあるじゃん?つまりイチャイチャがあるってことなんですよ!あるんだけど…1年生がピュア!!Yes ピュア!!!特に男子!!!

ーは、はぁ…
私がイチャイチャしてって言うと、凄くガッチガチになるんですよ!それを見て私は楽しむっていう…(笑)いかにそれを自然なものにしていくかってのが楽しかったですね、非常に!

ーピュアなのは男子だけですか?
そうねーー、こういう時は女の子の方が男の子よりも思い切りがいいのかもね。その際の遠慮は、女→男よりも男→女の方が壁があるんだろうね。そりゃあ経験値の差もあるかもだけど(女性陣は演劇経験者が多めです)…演劇やってる人ってそういう恥じらい的なものが薄れるじゃん?慣れるまで時間がかかる子が男の子のが多いかなって感じかな?

ーさっき言ってたけど、今回の劇ではテンポを重視しているとのこと。そのために演出として心がけてることは何ですか?
まず台詞を覚えてもらうじゃん?覚えたら繰り返しやって、遅いなぁって思ったら何度もやってもらって。何度も何度も満足するまでやるって感じです!
あとねーー、私が非常にボキャ貧なので、
「そこはネチャネチャした感じじゃなくて、スパパパパーンって行きたいんだよね!」
とか言っちゃうんだよね…全然分からないじゃん?だから伝わってなさそうな時は自分でやったりとかはしてます。
ついさっき言ったやつだと、
「なんかさー台詞の感じがぬうんぬうんってしてるのわかる?」
とかあったりして…

ー確かに…演出は語彙が乏しいね…
うん…だからね、手を目いっぱい使って伝えようとしてます。ボディランゲージ的な。

>1年るり「でも擬音の語彙は広いですよね!」

それね!だってぬうんとか日常で絶対に使わないじゃん!なんで出てきたんだっていう。
…っていうことがよくあります!!

ーちなみに、ぬうんって言うのはどんな感じのニュアンスなんです?
え、私、今語彙が無いって言ったじゃん!言ったじゃん!!だからぬうんって言ってるんじゃん!!!

ー頑張って、今そこ頑張って
だから台詞をさ…バーーって言えばいいのに…ぬうんってしてるって言うか…いじめないで!やめて!!:(´◦ω◦`):
…あっ、抑揚がついてるとか溜めてるとか!!出てきた!!

ーでは、ぬうん=抑揚がついてる、溜めてるってこと?
……いや、場合によるかな…

ーぬうんの意味は時と場合によって変化するということか…
今のシーンなんかベチャベチャしてたね、ここはもっとストトトトッっていけるね、みたいなことも言いますね!

ーストトトトッは何となくわかりますね
でしょ!ベチャベチャっていうのは、みんなモタモタしてるなっていうかテンポが悪いっていうか。

ーま、基本的にわかりづらいですね(笑)
ごめんなさい…反省ポイントです…
こういう所で分かりやすく説明するのが演出の腕の見せ所なんだなぁって今回の稽古を通して思ったね…こう言って欲しいっていうのがうまく伝わらない時は、もうあらゆる手段を使って全力で伝えるよね!まぁその結果がぬうんぬうんになっちゃうんだけど!!(笑)

ーそろそろ次に行きましょ。今回2度目の演出ですね。1度目から何か変わったこととかありますか?
うーん…前回(新人公演)は私が脚本じゃないから脚本を読み解く必要があったんだけど、それが完全にできなかったのが私の前回の反省です。
でも今回はそれがないんだよね。自分の脚本だから。
それと、前回も話の内容はラブではあったんだけど、今回みたいにテンポが大事とかではなかったから…うーーん…あっ!今回はギャグをいっぱい書いたよ!!だから、楽しかったです!

ーつまり、演出のギャグセンスに期待、と(笑)
やめて!!そんなこと言ったらハードル上がっちゃうでしょ!!!

ーそろそろ公演独自の質問といきましょう。
自分の中にもう一つ人格があるとしたらどんな人格が欲しいですか?
男の人格が欲しい!

>すでにイケメンですよ!
>かっこいいですよ!!

まってまって、どういうこと(笑)
私、中学の時女子校で、演劇部で男役やってたんですよ。楽しいんですよ男役!!
男って時点で自分じゃないじゃん?それを演じてるのが楽しかったのね。だから、男役を上手く演じるために男の人格は役に立つんじゃないかっていう安直な発想です…

ーでは、最後に一言!
今回の脚本は、元々別のものを出す予定だったのが、役者の人数の関係で出せなくなっちゃって、それで急遽変更して書いた台本だったんですけど、でも、そんな成り立ちだからこそ、今いるこのメンバーでしか作れない劇になったのかなって。
だから、役者のみなさんが楽しんで演じてくれてるところをみると嬉しくてたまらないですね。お客さんも楽しんでくれるといいな。
お客さんも楽しんで、役者も楽しんで、そして演出が一番楽しむ!!そういう劇になることを願っているので、皆さん是非いらして下さい!


ありがとうございました!
誰よりも熱心で、誰よりも夏休みを捧げた彼女。
彼女の集大成が詰まっております今回の劇、観ないと損ですよ!!

今度こそ、今回の公演のインタビューは終わりです。作演、役者たちの普段の姿を垣間見ることで、劇により深みが出るのではないかとか最近考えたりしています。どうなんでしょう?

あと2日間4ステ、座組一同全力で駆け抜けて行きます。皆様にお会いできるのを楽しみにしております!!
スポンサーサイト

おはようございます!制作2年の川田です。

ゲネプロが終わりました!僕は観られなかったのですが先輩方の評価も高く、良いものができたのではないでしょうか♫ヽ(゜∇゜ヽ)♪
僕も一度だけでも観ておきたい…

キャストインタビューも最後!主演です!!

この方です!!!



ーついに主演です!よろしくお願いします!
よろしくお願いします

ーまずは自己紹介を学部学科ともにどうぞ!
文学部史学地理学科日本史学専攻の長堀章一です…

ーありがとうございます。あのー…もうちょっと声を張ってもらえると…(笑)
で、では今回の役柄について教えてください!
優柔不断で…ラブコメの典型的主人公って感じですけど、複数の人格を持っているところに斬新さがあるというか…その人格とせめぎ合う中で苦悩してく役…なんじゃないですかね。

ー真面目だぁ…今回の役、長堀くん自身と重なる所とかありますか?
優柔不断で…自信が無いところは似てますね。

ー次に、今回の劇の見どころについてお願いします!

>蒼たそー
>みどり!みどり!

…公演直前は単位を削って練習してました。その成果は見どころかもですね。

ーお、おう…そうですね…
…では、公演独自の質問、自分の中にもう一つ人格があるとしたらどんな人格が欲しいですか?
大人な人格、がいいですね。

ーほう、どんな感じで?
落ち着いてる人がいいですね…

ー…自分自身は⁈(笑)十分落ち着いてると思いますけど…

>むしろもっと若返るべき…
>おじいちゃーーん、お年玉ちょーだーい!

僕としては、自分の中にはまだ青臭い部分があると思っているので…

ー検討もつかない…(笑)
では最後に何か一言お願いします!
あんまり自身ないですけど、もし良かったら見に来て、笑って頂けたらなと思います。



当公演の主役、長堀章一くんでした!
普段は大人しめな彼ですが、時々ボソッとつぶやく言葉は8割方爆弾発言なんだよなぁ…あと中々のイケボなんですよーー

さて、もうすぐ、というか今日から本番です!!キャスト全員の紹介も済んだところで、次はぜひとも公演を見に来てください(`・ω・´)ノ





あれ…?誰かを忘れているような……

こんにちは!制作の川田です。

今日はついにゲネプロです!!
ゲネプロは本番0日目とも言われています。役者さんたちの緊張感もいい具合です。良い舞台になるように僕も微力ながら頑張ります!

キャストインタビュー、ついにヒロインの登場です!!
お相手はこの人!



(彼女は劇中で銃を構えたりしないよ!!)

ーよろしくお願いします
よろしくお願いします!

ーまずは自己紹介を学部学科共にどうぞ!
文学部文学科演劇学専攻1年の横沼萌衣です。

ーお、文演の人だ。ようこそ活劇へ!うちは他の演劇サークルに比べて文演の人が少ないんですよねぇら…
そうですね、私の周りにも活劇に入るつもりって人が全然いなくて、もしかして1人だけかも…?って思ってたらその通りでした…

ーなんかごめんよ…
気を取り直して、質問にいきましょう!まずは今回の役柄について教えて下さい!
私は杉原朱音という女性を演じます。主人公に好意を寄せられていつつ、自身も主人公のことが気になっているんです。そして私も見習いたくなるような家庭的な女性です。私もあんな風になりたいです…!

ーあれ、普段は家庭的ではないんですか?
真逆ですね(笑)
全然家庭的だなんて言えないですよ…

ー次に、劇の見どころとかはありますか?
やはりこの劇のドタバタコメディっぷりですね!修羅場とかもあるので、見逃さないで欲しいです!

ーほう、修羅場…!ちなみに、修羅場のご経験は?
ないですよ(笑)

ーあら残念。じゃあ怜亮くん(制作の1年、鈴木勝役!)は?

怜亮「僕はありますよ!ここじゃあもう語り尽くせないくらいにはもう…」

ーあー嘘ですねこれは。まぁそれは置いといて次の質問といきましょう!自分の中にもう一つ人格があるとしたら、どんな人格が欲しいですか?
私が今回演じている朱音さんのような、自分で自分を管理できる、自立した人格が欲しいですね!

ーいつもは自分の管理を怠ってしまっていたりするんですか?
ダメダメですよもう!稽古終わりに家に帰ったと思ったらついつい冷蔵庫に手が伸びて、食べ物を漁ってしまって…そういう自分を「太るからやめよう?」って矯正できる人格に憧れます…!

>やぁやぁ、何の話してるの?

<ここで我らが演出、安井萌が登場!>

ーいやね、もう一つ人格があるならどんな人格が欲しいかって聞いてたんだよ。

安井「それで、冷蔵庫を漁る人格が欲しいと」

違います(笑)そういう行動を抑えられるような自立した人格が欲しいんです!

安井「でも全然細いし…あっこれセクハラ?」

ーセクハラだね、女の子同士だからセーフだけど僕(川田)が聞いたら確実にアウトだね。

安井「ごめんて…:(´◦ω◦`):」

でも、このまま稽古の日々が終わってからもこの生活を続けてたらと思うと不安で…

安井「まぁ私も雪山(6月企画)が終わった後にね…うん…小屋入りって痩せるよね!!」

そうですね(笑)

ーまぁ僕じゃあ聞けないことだし良しとしましょう!最後に何かお客様に一言!

色々と宣伝はしているけれど、見ないと分からないものもあると思うので、ぜひぜひアトリエまで足を運んでください!!



ありがとうございました!
彼女の役は、the 正統派ヒロインって感じでとても可愛らしいんですよー!
前回の企画公演では音響オペとして座組を支えてくれました。
役者としての彼女も是非見に来てください!!

次回はついに主演の登場です……!
お楽しみに!

夜遅くですがこんばんは、制作2年の川田です!

本日は場当たりでした!!音響や照明が合わさった舞台は素晴らしいですね…!

さてさて、キャストインタビューも終盤に差し掛かって参りました。

今日のお相手は…



どちらもいい顔ですが、今回は上の方!

ーよろしくお願いします
ーお願いします!

ーでは自己紹介をお願いします。学部学科もともに!
法学部法律学科1年の栗田由佳です!

ー早速、今回の劇の役柄について教えてください
簡単に言うと…蒼ちゃんという情緒不安定なアラサーです。

ー情緒不安定…栗田さん自身はどうですか?
えぇ…いや、あのレベルだともはや病気だし…そこまでじゃないと思う。感情は顔に出やすいけど、そこまでじゃないと思う!!

ーなるほど、わかりました(笑)
では、今回の劇の見どころをどうぞ!
見どころはですねー…

>修理屋!!

修理屋もいいけど…

>みどりちゃん!!

みどりちゃんも可愛いけど…いろいろな人が入れ替わり立ち代わり現れて、うわぁーーっとなってぶわぁーーとなって…何て言うんだろうこういうの!語彙が……!

ースピード感?
そんな感じ…かも!

ーつまり、色々な人がぶわぁーーとなってうわぁーーとなる劇のスピード感が見どころなわけですね(笑)
そういうことだよ!!!

ー次に公演独自の質問です。自分の中にもう一つ人格があるとしたらどんな人格が欲しいですか?
語彙力がある人格が欲しい(笑)

ータイムリーですね!!
なんかさ、美味しいものを食べた時にもすごーい!!とかヤバーーい!!とかしか言えないんですよ。

>食レポしてーー!

うーーん美味しい!!!……しか言えないから、的確な修飾語を見つけられる人格?が欲しいです…

ー僕の勝手なイメージかもしれないですけど、法学部の人って裁判とかで相手を説得するために語彙力が必要な感じがします
そんなの一部一部、一部だよ!

ー法学部は語彙力が必要ってわけでもないんですね…
最後に何か一言お願いします!
大学に入って2度目の劇です。頑張ります!!


壁…ドン……(してる方)

栗田由佳さんでした!
照明部のホープでもある彼女、前回の企画公演に続いて2度目のキャストです。
今回の劇、彼女には印象的なシーンがありましてですね…僕はあの場面とても好きです。


キャストインタビューも大詰め!
お楽しみに(`・ω・´)ノ

こんばんは。本日2度目、制作2年川田です。
小屋入り3日目ですね。

雨が!凄い!!台風が近づいていますね:(´◦ω◦`):
明治大学も18時以降の授業、課外活動が禁止となり、稽古場から追い出されてしまいました…場当たりが…


まぁそんなことは気にしないしないで、キャストインタビューと参りましょう!

本日2人目は、サングラスの似合うこの人!



ーよろしくお願いします!
お願いします。

ーまずは自己紹介を学部学科と一緒にお願いします!
俺はYair Yebra と言います。文学部の演劇学専攻3年の交換留学生です。メキシコから来ました!

ーメキシコ!そんなに遠くからありがとうございます(?)
では、今回の劇の役柄について教えてください!
主人公であるひろしの人格の一つ、「黒」です。女性との付き合い方が全然わからないひろしの代わりにそういう役回りをこなすんです。
だからチャラ男みたいな?そういう性格ですね。

ーちなみに、チャパ(あだ名)さん自身は女性の扱いには慣れているんですか?(笑)
んー慣れてない!!(笑) メキシコ人だから日本人よりは女性と話したり、スキンシップしたりは問題ないけど、それとこれとは話が別ですかね…

ー意外です…では次に、今回の劇の見どころとか、何かありますか?
ひろしがどのように成長するのか、その過程には魅力を感じるので、ぜひ見てもらいたいですね。

ーなるほど…次は公演独自の質問です。自分の中にもう一つ人格があるとしたら、どんな人格が欲しいですか?
俺の役みたいな人格があったらいいな。楽しいかも!

ー女性に慣れてるような性格?
そうそう。そういうのがあったら面白いかも。

ー最後に、お客様に向けて何か一言!
楽しい劇だから、見に来てください。



ありがとうございました!
上にも書きましたが、彼には「チャパ」というあだ名があるんですね!どういう意味なのか聞いてみたところ日本語でいう『ちび」だそうです。
……いやぁ、何だか呼びづらくなりますね…
今はすっかり浸透して、意味も関係なしに皆呼んでいるのでよいのでは!!

それでは、また次回!


| main | next »