こんばんは!制作部3年の川田です。

小屋入り3日目です!今日も今日とて僕らは地下のアトリエに篭り稽古中です。
今日はいつも通り稽古をしていますが、明日からは照明搬入、場当たりとイベント続きです!
舞台の完成が近づいています。楽しみですね(`・ω・´)ノ

キャストインタビューも5人目、後半戦です。
本日のお相手はこの人!




インタビュアー:小島淳之介


ーまず自己紹介を、学部学科共にお願いします。

私の名前は重原俊太と申します。明治大学商学部商学科、2年生ですね。

ーではまず、今回の役柄について教えてください。

そうですね、三山明家、劇中では紅(べに)って呼ばれている役なんですけど、端的に表すなら、紅色に合った燃え上がる性格をしています。
悪くいってしまえば短気。

ー役への愛着とかはありますか?

私自身も短気なところがありましてねー…

ーそうなんですか!見えないですけどね。

いや、それがかなり短気で、ちょっとしたことで不機嫌になることも多くて…

ーということはこの役には共感する部分も…?

ありますね!いや、ほんとはしちゃいけないんですけどねこんなの(笑)

ー見えないですけどねー…。
では次の質問です。今回の劇の見どころを教えてください。

主人公の女の子は武士になりたいと願っているんですけど、多くの人と触れ合う中で最終的に「武士とはなんなのか」という問いにどういった決断をするのかというところを、考えてほしいですね。

ー主人公の決断に注目と?

そうですね。その答えのために私たちがいるんだと思っています。

ーでは、公演独自の質問を。
「あなたらしく生きる」とはどんなことですか?

ーやはり自分に正直に生きることですね。やりたいことがあれば退かずにそれをやる、みたいな。

ー自分らしさっていうのががはっきりわかっているんですね!

いや、強く出れないなって時も最近増えてきてるなって思ってて…。
でも人生って一度きりで、この大学生活の中の19歳とか20歳の時も一生に一度しかないので、その時に自分が何をしていたかっていうのを自信をもって言えるなら、自分のやりたいことをやるってことあ「自分らしさなのかなって思います。

ー自信をもっていられるようにやりたいことはすぐにやる、これが自分らしさと…

嘘はつきたくないですからね、自分に。

ーでは最後に何か一言!

私は2年生なんですけど、この公演は新入生の初舞台ということになっています。5人ほど新入生がキャストとして参加してくれています。
それと同時に3年生にとっても最後の公演になるかもしれない人もいる公演で、こうして1~3年生が揃うのももしかしたら最後になってしまうかもしれないんですね。まぁ卒業公演とかもあるとは思うんですけど…。
僕自身もあと何回キャストができるのかわからないので…

ーなんか一言に収まってませんね(笑)

えー、でもこういう人いません?一言って言われても長々と語っちゃうみたいな…(笑)

ー(笑)ではコンパクトに言うと?

そんな中で奮闘する2年生を見てほしいです!
スポンサーサイト

こんばんは!制作部3年の川田です。
今日は梅雨らしく雨が降りましたね。最近降ってなかったので梅雨なのに新鮮というか。

小屋入り2日目となり、公演の完成度も徐々に高まってきました!皆さんに良いものを見せられるようにまだまだ頑張ります!

キャストインタビューは4人目に突入!
お相手はこの人。




インタビュアー:吉田隼輔

ーそれでは、キャストインタビューを始めたいと思います!
まずは自己紹介をお願いします。

わたくし、3年、法学部法律学科の喜多晴行といいます!
今回のキャストの中では唯一の3年生です!

ーありがとうございます。それではそんな喜多さんに質問です!
今回の役柄について教えてください!

中井吉光っていう役で、俺の個人的な見解としては、一番良いヤツです!
一番いいキャラです。一番輝いているキャラです。期待してほしいです。
…ネタバレしないようにするならこんな感じです(笑)

ーなるほど…?(笑)
ではそんな輝いているキャラが出てくる今回の公演の見どころはどんなところですか?

見どころと言えば…やっぱり殺陣だよね。今回時代劇だから、やっぱりやっちゃうんだよねー殺陣。
この殺陣がかっこよくて、すげー輝いてて!ぜひ見てほしいと思います。
あと時代劇だからね、所作とかにも注目して欲しいかなー。

ーなら、喜多さんが演じるシーンだと、どこだと思います?

うーん…優しいやつだから、いろんな人のフォローに回るような役どころなんだよね。
だからその、存在全てが見どころかな!!

ー喜多さんが出ているシーンはすべて見どころということで(笑)
では次、「あなたらしく生きる」とはどんなことですか?

やっぱりね、自分の大切なものを守っていくってことが大事だよね!何とは言わないけどね!!

ーおっ、なんですかなんですか?

後輩から舐められないとか…威厳とか…。
…要するにね、守り抜くことが大事なんだよ!!!

ーありがとうございます、ぜひ守ってもらいたいと思います(笑)
最後に一言、お願いします!

しょーもないキャストばっかりなんですけどね、内容はちゃんとしていると思うので!素晴らしい劇なので!見に来てください!!とりあえず見に来ましょう!!
こんばんは。制作部3年の川田です。

本日より小屋入りです。
天気も良く、絶好の小屋入り日和ですね!まぁ僕らはアトリエが地下にある関係上天気関係ないんですけどね。

そんなことよりキャストインタビューです!
3人目はこの人!


(右側の倒れ込む彼)


インタビュアー:小島淳之介

ーではまず自己紹介をお願いします。

文学部文学科日本文学専攻1年の吉田隼輔です!

ーはい、ありがとうございます。
では今回の役柄について教えてください。

今回演じさせていただくのは、高倉義昭というお殿様の役です!
三人の侍をまとめ従える、そんなカリスマ性のある役柄ですね。

ーなるほど…では劇の見どころはどんなところですか?お殿様の立場からして。


お殿様って全体を俯瞰するような立場なんですけど、そういった中で、それぞれの役がどういった自分たちの人生を選択していくかっていうのが見どころだと思います!

ーほう…次の質問はその自分たちの人生っていうのに関連しているんですけども、
「あなたらしく生きる」とはどういうことですか?

よく食べてよく寝る!!

ー…それってみんなやってることですよね?
もっとないですか?(笑)

えー…(笑)
自分らしくっていうのを今まで意識したことがなくて…「自分らしさ」っていうのを気にしない自分のまま、今まで通りに生きていくことですかね…

ー「自分らしさ」を意識することなく生きていくことが逆に自分らしさであるってことですか?

そう!何も変えずにこのまま突っ走る!!

ーありがとうございます!
最後に、何か一言お願いします。

今回は僕たち一年生が初めての劇で、精一杯頑張ってきたので、その頑張りを見せたいと思います!よろしくお願いします!!
こんにちは!制作部3年の川田です。
今回は僕がブログの更新を担当しているので、ここの挨拶は毎回僕です。すみません(´・ω・`)

今日はラスOFFです。キャスト、スタッフ共にしっかり休んで、小屋入りに臨む所存です!

さて、インタビュー2人目のお相手は…


(左の白い子。右は演出さん)


インタビュアー:吉田隼輔

ーそれでは、キャストインタビューを始めたいと思います!よろしくお願いします!

お願いします。

ーまずは自己紹介をお願いします。

政治経済学部経済学科1年の高橋拓己です!
…大丈夫?俺滑舌悪くない?しっかり言えてる?

ー大丈夫(笑)
では最初の質問です!今回の役柄ついて教えてください!

今回の脚本の大名役、高倉義昭の息子の高倉義孝っていう役をやらせていただいています!
どんな役かと言いますと…プライドが高い、自信過剰、負けず嫌い、みたいな俺様キャラ?とは違うかもしれないですけど、そんな役です(笑)

ーありがとうございます!次は劇の見どころについて聞きたいと思います。ネタバレにならない程度に!

衣裳がカッコいいです!みんな着物着て、袴着て…今の時代だと中々できないじゃないですか。演劇ならではだと思う!
見どころは衣裳ですね。一応部署も衣裳なので…(笑)

ーなるほど(笑)
次の質問です!「あなたらしく生きる」とはどんなことですか?

当たり前のことかもしれないですけど、周りに流されずに常に自分を保つこと、自分であること。
誰かと同じにはなりたくないと思っているので…まぁ、そんな感じです!!

ーでは最後に一言、お願いします!

ありがとうございます!!!

お久しぶりです。制作部3年の川田です。
今回の6月企画公演『士道記』もキャストインタビューの季節となりました!

今日は小屋入り前最後の稽古なんですね。明日のOFFを挟んで、もう小屋入りです。時の流れは早いというか何というか…

さて、この公演のキャストインタビューの最初を飾るのは…



ーよろしくお願いします。

お願いしまーす。

ーまず自己紹介をお願いします。

はーい。情報コミュニケーション学部、情報コミュニケーション学科、2年の宮倉るりです!

ーお願いしまーす、まずは今回の役柄について説明をお願いします。どんな役ですか?

なんか、すごい脱力系の女の子です。

ーほう脱力系…どのあたりがですか?

人と喋るのが面倒臭いらしいんですよ。
そこが難しいなぁって思ってて…演劇って会話だから、人と喋るのに興味がないってのを出しながら演技をするのが難しいです…!

ーなるほど、普段の宮倉とは結構違う性格なのかな?

逆です!なので演じるのに苦労しますね…

ー次に行こうかな、今回の劇の見どころを教えてください!

衣裳ですかね!今回は皆着物を着てるんですけどね…着物ってカッコよくないですか!
着物を着ると何倍増しにもカッコよくなるなって思いました、男とか!
普段はフツーの奴らでも、着物を着るとカッコよくなるよ!っていうのも見ていただきたいですね。

ー誰が一番似合ってました?宮倉的には。

実香子!!
(今回の公演のヒロインです、インタビュー乞うご期待!)

ー次は、公演独自の質問です。
「あなたらしく生きる」とはどんなことですか?

ポジティブ!

ー…というと?

いちいち何かあると落ち込む人っているじゃないですか。そういう時はプラスに考えよう!って思ってて。
私も、人に愚痴を吐くことはあるんですけど、吐いたらそれで終わりで前向きになろうっていうも考えてます。
そこで腐ってるままじゃダメだなって。

ーそこで留まることなく前に進んで行きたいと!

そういうことです!

ーはい、ありがとうございます!
では最後に、何か一言お願いします。

今回は時代劇っていう少し特殊な劇で、しかも沢山入ってくれた一年生が初めて関わる公演なので、是非とも可愛い一年生を見てほしいですね!!
是非是非一年生を見にきてください!!!

ー宮倉はいいんですかー。

宮倉よりも"一年生"を見てください!!!
可愛いので!!!

| main | next »