劇団活劇工房企画公演
刻印
2017年10月21日(土)、22日(日)

無題


【あらすじ】
綿鍋県 室強市 水無雪村(みなゆきむら)――
人里離れた静かな農村に、銃声が鳴り響く。

人質に取られる少女。
山奥に転がるダルマ。
謎の仮面男に、白く小さなハンコ。

果たして犯人は誰なのか。
そしてその目的とは一体……。

有能ジャーナリストとその部下(無能)が、陰謀渦巻く怪事件を追う。


【脚本・演出】
林直哉

【キャスト】
長谷山諒
栗田由佳
鈴木尊也
松川茜
本康怜亮
杉田順

【スタッフ】
舞台監督:村上茜
舞台美術:糟谷一輝
照明:喜多晴行、吉川泰地、小林天元
音響:横沼萌衣、三原広夢、鈴木拓郎
衣装:宮倉るり、品川口、岡田愛梨
宣伝美術:綾部やこ、瀬戸ことね
制作:佐藤慧介、加藤恵子、佐藤優、中條望

【タイムテーブル】

携帯からの予約はこちらをクリック!





※受付開始、開場は開演30分前。
※上演時間は約70分を予定しております。

【料金】
予約・当日共に無料

【会場】
明治大学和泉校舎第二学生会館地下アトリエ(京王線・京王井の頭線「明大前」駅より徒歩8分


*ご予約方法* 予約受付開始は10月1日0:00より
【こりっち予約フォーム】
https://ticket.corich.jp/apply/86552/
こちらのページに必要事項を入力して完了!

【メールアドレス】
katsugekikoubou2013@gmail.com
まで件名を〔チケット予約〕とした上で〔1ご予約日時、2お名前、3枚数、4ご連絡先〕をお伝え下さい。

【Twitter】
活劇工房Twitterアカウント(@katsugekikoubou)のDMからも受付しております。
メールでのご予約と同様に〔1ご予約日時、2お名前、3枚数、4ご連絡先〕をお伝え下さい。


*お問い合わせ*
〔メールアドレス〕katsugekikoubou2013@gmail.com
〔ホームページ〕https://katsugeki2017.amebaownd.com/
〔ブログ〕http://katsugeki.blog86.fc2.com/
〔Twitter〕@katsugekikoubou

スポンサーサイト
こんにちは!前回に引き続き制作1年の吉田です。
いよいよ本番前日!今日はゲネプロです。本番に極力近い環境で直前の最終調整を行います。
そんなわけで、今回もやる気全開のアツいキャストインタビューをお送りします!

ーーー


(小林 岡村)

―では自己紹介をお願いします!

岡村「はい!!(大声)法学部1年、岡村健吾です!ピチピチの18歳です!よろしくお願いします!」

小林「法学部1年、小林天元でございますー……。歳は19ですね」

―今回の役柄について聞いてみましょう。

岡村「私が演じる佐藤は、私立高校の校長で、どこか引っ込み思案で、部下の山田先生と一緒に……」

―部下?(笑)

岡村「同志!同志の山田先生と協力して、新たな世界史の教科書を選ぼうとするんですけど、そこに襲いかかる三人の刺客と戦うわけですよ!振り回されながらも自分の信念を模索していく、という役柄です!」

小林「世界史の教師です。割と適当な人ですよね。特になにも特徴がない気がして……正直言うと、この劇の中で一番常識人なんじゃないかと」

―(笑)
では、そんな劇の魅力を教えてください。

岡村「登場人物ひとりひとりが一癖も二癖もあるところですかね。その五人が集まった時にどういった反応が起きるのか。佐藤が周りの人に影響を受けながらどういった決断をくだしていくのか、そういったところが魅力的だと思います!」

小林「これどうやって収拾がついていくのかよくわからない劇なので、終盤のまとまりの方を見てください」

―ますます本番が楽しみですね。

ーーー

―では、今回の劇に引っ掛けまして、自分が5教科の中で何を教えたいか、ということをお聞きしたいです。

岡村「一番いいなって思うのは日本史ですかね。高校の時の先生がわかりにくかったんですよ。それを考えたときに、自分ならこうするかな、自分で授業を作ってみたいな、という気持ちが芽生えました」

小林「(山田は)世界史の教師ですが、実は高校時代、世界史が一番の苦手科目で……英語だったら教えられるな、と。なるとしたら英語ですね。小説とかを英語でじっくり読ませる授業をしてみたいです」

―最後に一言ずつお願いします!

岡村「初めてなので毎日が勉強の日々なんですけど、作演の話を聞いて頑張ってます。拙い部分もあると思うんですけど、全ては作演のせいということで(笑)」

小林「今回の劇、アドリブが多すぎて、まともに同じ劇ができたことがないんですよ。」

岡村「ごめんね(笑)」

小林「その大体の原因は岡村くんだと思うんです。だから、観に来てくれたら嬉しいんですけど、もしも上手くいかなかったら全て岡村くんの責任ということで……」

―(笑)

岡村「明治大学地下アトリエで僕と握手!」

ーーー

以上、とっても個性的なキャストの皆さんでした!ありがとうございました!
それでは皆さん、またアトリエでお会いしましょう!
こんにちは!制作1年の吉田です。
いよいよ秋も深まり、本番も近づいてきました。小屋入りも始まり、座組一同全力で稽古や準備に励んでいます。
さて、そんな未だ夏の熱気が溢れる稽古場からキャストインタビューをお送りします!

ーーー


(中條 品川 佐藤)

―まずは自己紹介からお願いいたします!

佐藤「情報コミュニケーション学部2年の佐藤伊織です」

―何歳ですか?

佐藤「年齢は、今年大学2年生ってことは…20歳丁度ですかね」

―(笑)
 
品川「情報コミュニケーション学部1年の品川口です。大学一年生ってことは19歳です!」

(演出)嘘ついて楽しいか!?(笑)

品川「嘘じゃないっすよ!まだ!」

―まだ(笑)

中條「文芸メディア1年の中条望です」

(演出)いくつ?

中條「え〜、17歳!☆」

(一同笑)

ーーー

―今回の役柄についてお伺いしたいと思います。

佐藤「僕とは正反対な人だと思います」

(演出)本当か!?(笑)

佐藤「空気が読めなくて、熱い、あまり優秀さを感じない人間ですが、僕は正反対ですね」

―なるほど(笑)

品川「高橋は僕に似て冷静沈着かつ、頭の回転が早い人間ですね。あと、かなり空気の読めないところがあると思います。そこは田中と同じですね(笑)」

中條「私の演じる鈴木は新人で頑張り屋さんだけど、その頑張りが変な方向に行って、全部を無駄にする、ちょっとバカな感じの子?」

―ちょっと?

中條「そういうところがご愛嬌かな?」

佐藤「演じてる人とは似てるんですか?」

中條「あの憎めない感じとか似てるんじゃないですか?」

―自分で言いましたね(笑)

ーーー

―キャストの皆さんが思う、劇の見どころは何ですか?どこを見てほしい!とか。

佐藤「どれが台本通りでどれがアドリブかっていうのを。そういう見方をしてみると面白いんじゃないかなと」

品川「シュールさが面白いところだと思います。個性的な人たちの集まりが会議をしときにちゃんと成り立つのかってところです」

中條「毎公演毎公演が二度とできないものになってると思うので、たぶん二回三回見ても同じものにならないというか。本編通りに話が終わるかが不安……(笑)」

―(笑)

中條「できれば複数回見てほしいです(笑)」

佐藤「めっちゃ泣けるしね」

ーーー

―今回の公演独自の質問といたしまして、五教科のなかで一番教えたいものをお聞きしたいです。

佐藤「たぶん社会だと思います。理由は、一番脱線しても許されそうだから。自分の専門が学校で話せるから」

品川「僕は理科ですね。生徒さん達が植物とか自然と触れ合いながら健やかに育ってほしいと思うので…」

―嘘くさい!(笑)

品川「ちょっと楽そうとか思ってないですよ(笑)」

中條「一番好きな科目は国語なんだけど、国語を勉強の科目にするのが間違ってると思っていて……」

―何か始まりましたよ(笑)

中條「最近の国語って情報処理だけでできてる気がして。国語教師になったら、超偉くなって国語を日本からなくす……」

佐藤「質問に全然答えてない(笑)」

―結局何担当がいいんですか?

中條「世界史かな(笑)」

―(笑)

ーーー

―ありがとうございます、貴重な意見(?)が聞けました(笑)
では最後に一言ずつお願いします!

佐藤「役者以上に近くの席に座ってるであろう演出を見てほしいですね」

品川「個性的な人たちのぶつかり合いが面白い方向に変わっていくと思うので応援してください♡」

中條「日頃一緒に過ごしてくれた人とかへの感謝を、一瞬の笑いにして返していければいいかなと思います!」

ーーー

キャストの皆さん、ご協力ありがとうございました!
まだお席に余裕がございます!皆様ぜひぜひお越しください!

こんばんは、制作部3年の川田です!

今日はゲネプロ!
リハーサルのようなもので、本番0日目とも言われたりしています。
つまり日付上は本番は明日からですが、今日も本番であるということですね(`・ω・´)ノ
みんながんばれ!!

今日のインタビューはキャストさんが対象ではありません!番外編ですからね。
そのお相手は…?


この公演の演出さんです!


インタビュアー:小島淳之介

ーではインタビューを始めたいと思います!
まずは自己紹介をお願いします。

はい、文学文学科日本史学専攻、2年生の杉田順(すなお)って言います!

ー今回は役者ではなく演出さんへのインタビューとなっています!
演出として、どんなことをしていますか?

演出っていうのは、役者さんにこういう動きをしてほしいと支持をしたり、音響さん照明さんに自分の好みを提示して良いものを作ってきてもらったり…
まぁ、リーダーのような存在だと思っていただければ大丈夫です!

ーでは次は劇の見どころを、リーダーとして総括して教えてください!

まずは役者の皆さんの演技を見てほしいです。今回、1年生が多く、みんな頑張ってくれています。最初の頃よりはもう凄く上手になってるから!!

ーここを見てほしい!っていうシーンとかありますか?

今回は時代劇ということで、例えば歩き方とか座り方とか目上の人への作法だとか、細かい動きにも注意して見てもらえたらうれしいです。

ーそういった部分にも目を向けてもらいたいですね。
では公演独自の質問に移ります。「あなたらしく生きる」とはどういうことですか?

この質問自分で考えたんだけどいざ聞かれてみるとわからないなぁ…(笑)
最近、生きているのって大変だなって思うようになって。例えば演出をしている時も1つの問題を片づけたらまた別の問題が出てきたりとか。
学部の方で課題が出て、それを何とか完成させたと思ったら先生にボロクソに言われたりとか…。
それでも、そういった壁にぶつかったときでも、勢いで通り抜けちゃうことが、自分らしく生きるってことなのかな。
トライ&エラーだ!僕の座右の銘!!

ーありがとうございました!
では最後に一言!

皆さん、僕は今回の脚本にすごく自信があります。面白いと思います、本当に。
1時間の公演に色々なものを詰め込んでます!役の性格や動きも見て欲しいし、音照さんや衣裳さんの頑張りも見てほしいです。
それと今回は舞台美術が凄いんですよ!もう凄いんですよ!
長くなってしまいました…本当に一言にまとめます。

役者さんもスタッフさんも頑張ってくれています。色々なものを見てほしいです!!

こんばんは。制作部3年の川田です。

ここ連日、ブログの更新が夜遅くになってしまい申し訳ない限りです…もう少し早い時間に更新できるよう頑張る所存であります:(´◦ω◦`):

本日は場当たりでした。キャストの演技に音響と照明が合わせ、シーンを完成させるための機会とでもいいましょうか…とにかく重要なものです!
これを行うことによって舞台上のキャストの演技に音響や照明が付き、より素晴らしいものが完成するのです!!
本日は小屋入り5日目、そして本番の2日前でもあります。残りの時間も有効に使い、良い舞台を皆さんにお届けします!!

最後のキャストインタビューはもちろん主役!
そのお相手は…


(手前のあまり反れてない女の子!)


インタビュアー:吉田隼輔

ーはい、それではキャストインタビューを始めていきたいと思います!

はーい。

ーではまず自己紹介からお願いします。

文学部文学科演劇学専攻、1年の斉藤実香子です!

ー今回の役柄についてお聞きしたいと思います!
どんな役でしょうか?

女の子なんだけど武士になりたい…って役です。

ーどういう性格ですか?

焦ったときとか、ピンチになったときはそのまま押し通す!みたいな感じですね。

ーこの役について何か思うところとかありますか?

私自身の性格とは違うなと思っていたけど、論理的に考えたとしても納得できないことってあると思うんですよ。それこそ「女だから武士になれない」とか。
でもそこをどうしても納得できないとする考え方は私にもあるので、そこは共感できますね。

ーでは次は劇の見どころについてどうぞ!

単純に殺陣が見どころの一つになるかと思います!私も一生懸命やってますし!(笑)

ーこれは来ていただかないとわからないことですから、是非とも見に来てほしいですね!
次公演独自の質問です。「あなたらしく生きる」とはどんなことですか?

夢中になって、必死に生きること、です!!

ー確かに今のインタビューからも必死さを感じますね!(笑)
それでは最後に何か一言どうぞ!

何か一つ、演技でも姿形でも偶然起きたことでも、何か一つだけでも皆さんの心に引っかかれば良いなと思います!
以上でござる。

ー何か言い残したことは?

ありませぬ!!

| main | next »